【10年で大きな差に】リスクを取るか安定を取るか、究極の選択の答えを勝手に考えてみた

【10年で大きな差に】リスクを取るか安定を取るか、究極の選択の答えを勝手に考えてみた

最終更新日

『そろそろ安定したいなー』『この先の人生リスク取るなんて絶対ヤバいよな』

と人生について考えている皆さんに、このブログをお送りします。

長い人生、できれば安定したいし失敗もしたくないと思うのは人として当然だと思います。

でもそういう「安定志向」ってある意味リスクになることも知っておきませんか?

今回は「リスクを取るか安定を取るか」の究極の選択について考えていきます。

リスクを取る勇気は絶対必要

どっちを取るか

いきなり結論ですが、個人的な見解としては「リスクを取る選択をし続ける」のが人生においては正解だと思います。

正確には 「リスクを取り続ける選択ができるような勇気を持ち続ける」 ってことですね。

必ずしもリスク100%で生きていけ、ってことではありませんよ。

リスクを取るべき理由はカンタンで、世界の中で唯一普遍的はもの、変わらないものがあるとしたらそれは「変化」だからです。

逆に「不変なもの」はどこを探してもないと言っていいでしょう。

人は皆老いていきますし、形あるものは皆壊れていきます。

常に何かしら変化がある中で安定を目指そうとすると、単純に時代に取り残されることになります。

時の流れに追いつけないということは、人として成長できない、ということでもあります。

ということはより多くの良い人間関係は築けないし、より多くのお金を得ることもできなくなります

言い換えると 孤独なまま、貧乏なまま、平々凡々なままで年を取っていくだけになってしまう 、ってことになります。

安定を目指して暮らすって、そういうことなんでしょうか?

もちろん、全ての人がこういう事態になるワケではないでしょうが、安定を目指すとは極論こういうことだということを知ってほしくて例えてみました。

いろんな人に囲まれ、ある程度自由に使えるお金を手にして、他の人とはちょっと違う位置で人生を楽しみたいと思ったら、安定ではなく挑戦し続け、リスクを取っていく必要がある、ということも併せて知っておいてほしいなと。

身の周りでリスクを取った人たちの成功例

自分の周りをパッと見回してみたとき、この「リスクを取るか安定を取るか」問題の答えってかなりハッキリ出てるんじゃないかなと思うんです。

自分は福岡に来て10年以上になるんですが、その当時からの10年以上の付き合いの人は結構いて、ふとその人たちの今をざぁーっと考えてみたんです。

安定を選ばずリスクを取ってチャレンジしてきた人は何かしら成功を手にしていました。

自分で店舗経営をして、ここ最近で2店舗目、3店舗目を出店している人。

店長職を辞して独立して日本全国、東アジアを股にかけてコンサルティングをしている人。

学校を辞めて下積みもそこそこに上京して二十歳過ぎで自分の店を構えた人。

メディアにも出演がありつつ、ビジネスオーナーとして多くのスタッフを束ねる立場になっている人。

 
その他にも九州でコツコツ積み上げた経験を活かして東京で活躍している人は結構多いです。

逆に、大きなチャレンジをしてこなかった(ように自分からは見えた)人は、元々の夢から遠く離れた立ち位置で生活していることが多いんじゃないかなと。

自分はと言えば、一度チャレンジして大きなリスクを取って大失敗して、安定しようとしてた頃がありました。

その頃は楽しかったんですが、いわゆるその日暮らしで、将来を考える余裕というか余地が全くありませんでした。

これじゃダメだ!と決意して独立を目指してから、一度思いっきり生活の水準が下がって、メンタルもぐらぐら不安定になってしまいました。

でもそれでもチャレンジし続けてきた結果、今は5年前に目指していた個人事業主としてやりたいことをやれている現実があります

そう考えたら、これまでのチャレンジしまくってきた人生も全然まんざらなでもないなと思えました。

現状維持バイアスに気づいてリスクを取れ

独立が全てじゃないし、安定がいけないワケでもありません。

でも、大なり小なりチャレンジし続ける、リスクを取り続ける勇気を持つ必要は誰にでもあると思います。

失敗したくないという気持ちももちろんあるでしょう。それは十分分かります。

特に年齢を重ねれば重ねるほど「後がない」というプレッシャーがどんどん大きくなります。

でも、です。

長ーーーい視点で見たとき、チャレンジしまくってきた人と一切してこなかった人の経験値の差、だいぶ明白ですよね?

変化に対応しうる経験値を持つ人と、変化を拒み対応しきれない人と、どっちが人生において成功なの?失敗なの?ってことなんじゃないかなと思うんです。

人には誰でも「現状維持バイアス」という思考の偏りが存在します。

今までと同じ状態をできるだけキープしたいという考えなんですが、これっていつでも無意識下でぐるぐるしているんです。

なのでチャレンジしたりリスクを取ろうとしたすると、このバイアスが反応するワケです。

で、チャレンジを止め現状を維持するために、そのチャレンジを「やらない理由」とか「言い訳」を考えるようになります。

つまり 人って基本的にはチャレンジしたがらないし、リスクも取りたがらず、安定・現状維持したいと願う生き物 なんです。

ということは、安定を目指すと失敗はしないが成功もせず、周りの大多数と同じ平々凡々な人生を歩むことになります。

で、チャレンジしたり、リスクを取ったりしていくと、大失敗もするかもしれないけど成功できるチャンスも巡ってくるし、周りの人との差別化ができ、特別感のある人生を送れるということになるワケです。

安定したいなら、逆に変化を意識して何かにチャレンジしたり、賭けに出てみたりした方が願った方向にいくことが多いですよ、ってことでもあります。

脱毛というリスク、取りませんか?

一歩踏み出す

脱毛一つ取っても同じことが言えます。

脱毛に対するあるあるな疑問や不安としては、例えばこんなものがあります。

・効果が出るのか
・痛いのか
・料金が高いのか

この辺り、脱毛を始める前、脱毛の知識を集める前の人には誰にも分からないことですよね。

何も分からないところに一歩踏み出すことでいろいろ分かることがあるんです。

それを、「やらない理由」を探しては、こんな風に脱毛しない言い訳にしていたりしませんか?

『料金が高いから行けない』
『痛いって聞くから嫌だ』
『効果が出ないから止める』

 
こういう考え、完全に現状維持バイアスに囚われてますよね。

脱毛って実際複雑なものなので、効果を出すための知識を一定数身につける必要はあるし、決められたペースでコツコツ通うことで初めて効果が出るものです。

『ムダ毛をなくしたい』『毛深いコンプレックスを解消したい』というのは人生の中のチャレンジだし、大事なお金と時間を費やすリスクでもあります。

そんな脱毛というリスクにメリットがあるとするなら、継続したら目で見える結果が伴うというところです。

例えば自己啓発のセミナーだと、お金と時間を使って勉強しても成果がハッキリ目に見えないことがあったりします。

でも脱毛はペースを守って通い続けることで効果が目に見えて現れます。※もちろん個人差はありますが

男性向けの脱毛はここ最近認知度が急激に高まってきていることも、チャレンジを後押ししてくれています。

子どもの頃には叶わなかったムダ毛ゼロの自分になるために、大人になって環境が整った今こそ、チャレンジしてみましょう。

 

各種お問い合わせについて

「無料カウンセリング」「お問い合わせ」「料金のお見積り」「ご予約」にはかんたん便利な「LINE」をご利用ください

『脱毛を検討しているけど、何から質問したらいいんだろう?』『実際の料金はいくら位なんだろう?』『お店に電話するのは緊張する…』そんな風に困っていませんか?ぜひ当サロンの「LINE」を活用してください。 LINEのトークでアナタのご用件に店長が1対1で対応させていただきます。『LINEはちょっと…』という方は、WEBフォームから遠慮なくどうぞ。

サロン公式LINE

LINEで友だち追加

関連記事

  1. 【気になってるでしょ?】男がVIO脱毛を始めるなら、この10のブログで全てが分かる!

    【気になってるでしょ?】男がVIO脱毛を始めるなら、この10…

  2. 【人生の後悔を減らすには】若いうちにやっておくとリア充になれる12のこと

    【人生の後悔を減らす】若いうちにやっておくとリア充になれる1…

  3. 【ついに発見】脱毛の効果がハッキリ出る男性には2つの共通点があった!

    【ついに発見】脱毛の効果がハッキリ出る男性には2つの共通点が…

  4. 【しみる・かゆい・ヒリヒリ】夏の汗とカミソリ負け対策にはヒゲ脱毛しかないでしょ?

    【しみる・かゆい・ヒリヒリ】夏の汗とカミソリ負け対策にはヒゲ…

  5. 【見逃し厳禁】できる男の称号をGETするための手のムダ毛処理テクニック4選【社会的背景の解説】

    【保存版】できる男の称号をGETするための「手」のムダ毛処理…

  6. 【コンプレックス唯一の解消法】背中の毛の処理はメンズ脱毛サロンのプロに任せるしかない件について

    【コンプレックス解消】「背中の毛」の処理はメンズ脱毛サロンの…