【男性あるある】◯◯を押し付けるからウザがられて距離ができて嫌われる?!

【男性あるある】◯◯を押し付けるからウザがられて距離ができて嫌われる?!

最終更新日

ウチのサロンは「男性専門」ということで、男性の特徴というか性格というか、あるあるなことはある程度把握しておいた方が仕事に役立つと思い、「男性学」という分野をちょっとかじっています。

これを勉強すると、面白いほどに自分の過去のトラブルの原因がごろごろ出てくるし、友だちの相談に乗っていても「あー、それは男性学で言うところのアレだなー」とか思い当たる節が多々ありまくるので、非常に面白いです。

今回はたまたま見かけたインターネットの記事から、そんな男性あるあるな言動について、注意しないと人間関係ぶっ壊れちゃいますよ、ってお話をしてきたいと思います。

年齢に関係ない男性あるあるだと思ってるので、人間関係に不安がある方はぜひ読んでいってくださいね。

あるあるな言動で悩む男性

見つけた記事はこちら。

66歳男性が風呂場で涙… 友人もいない老後を憂う相談者に鴻上尚史が指摘した、人間関係で絶対に言ってはいけない言葉
連載「鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋」
https://dot.asahi.com/dot/2019042600016.html

ざっと要約すると…

『隠居したのはいいものの、それまでの自分の言動で身内がみんな離れていってしまって寂しい』という相談者に対し、『自分がやってきたこと、積み上げてきた価値観を単純に人に押し付けるのは本当はよろしくない。回復には時間がかかる。新しい出会いを見つけて“対等な人間関係”を学び直してみては?』と鴻上氏がアドバイス。

という内容です。

団塊世代の方あるある、と言ってもいいのではないかなと。それ以外でも「めっちゃ頑張ってるよオレ!」的男性あるあるでもありますね。年齢関係なく、男性ならありがちな状況かなと。

過去の自分にも当てはまることが多々あって、読んでてちょっと心が苦しかったです苦笑。

そんな相談者の方に対して、非常に柔らかくやさしく、かつ的確に分かりやすく状況説明をされてる鴻上さんの文章が素晴らしいです。それだけでも読む価値があると思います。

価値観は人それぞれバラバラ

自分も以前のブログで書きましたが、人はみんな違います

何が違うかと言えば、

生まれ
育ち
家族構成
性格
体格
モチベーションのタネになるもの
苦労しなくてもできること
過去にしてきた経験
周りの人間関係

などなど…

なので、そういう全ての条件が違う人を比べたりしても全然意味がないですし、同じ物事を押し付けようとしたって、できるできない、受け付ける拒否られる、は千差万別なワケです。

とは言え、それをそのまま真に受けていたら、非常に煩雑で手間がかかりまくります。

なので、「常識」みたいなものをまことしやかに垂れ流して、自然とうまく押し付けることで、『ここから外れたら恥ずかしいんだぞー』っていう意識を、社会的に立場が上の人たちが下っ端に植え付けてきたワケです。

学歴社会とか正規雇用がいいだとか、車を買わないとオトコじゃないだとか、マイホームを持ってこそ男たるもの!だとか、そういうのですね。

男性社会って特にそういう競争が激しい世界なので、テストで良い点取る人とかお金を稼げる人とか、秀でた者が認められる、っていう環境でボクらは育ってきてしまいました。

ですが、世の中はどんどん激しく変化をしていって、昔は認められたことが今では逆に評価をさげることにつながってしまうという現象が起き始めてます。

「いやぁ、今日も3時間して寝てなくて」な人は自ら集中力を下げてるとも捉えられるし、「毎日残業しまくり」って人は仕事が捌ききれないって捉えられてしまうことにもなります。

で、先ほどの記事の相談者の方の場合は、『頑張った自分が偉い、そうじゃないお前らはふがいない・だらしない』という価値観を自信を持って抱いてきたワケですが、気づいたらそれはもう過去の時代の遺産になっていて、今では人から距離を置かれてしまう大きな原因の一つになっていた、という。

みんな人それぞれ、積み上げてきたものは全部違うんだから、一人の意見・価値観を押し付けたってうまくいくワケないでしょ?ってことですね。

サンプル数1の話は真に受けてはいけませんよ、って話もしたことがありましたね。

 

男性ってとかく自分の努力、それによって積み上げてきたことには自信を持ちがちです。別にそれは全然悪いことではありませんが、それを等しく周りの人に押し付けようとするのは、価値観の相違でうまくいかない原因になります。

これは世代に関係ないと思ってます。誰かが偉くて、誰かが劣ってるなんてことはありません。

Twitterのフォロワー数が5桁いってても全然交友関係に恵まれてない人がいる一方で、フォロワー数2桁でもものすごいリア充な人もいます。

目に見えるものだけじゃ人は計れません。それだけに目を奪われているうちはいろんなことがうまくいかなくもなります。

みんな違うという前提に立つ

で、ここで大事になってくるのは、

「みんなちがってみんないい」

っていう金子みすゞさんの詩の一節です。要は 人それぞれの価値観を尊重し、自分勝手な意見を押し付けないようにしましょう 、ってことです。

賛同してくれる人がいたらラッキーだし、いやちょっと…となってもそういうこともあるよねーと割り切れる心構えって必要です。

ぶっちゃけ違う価値観同士で言い合っても議論は平行線で、解決しようと思ったらものすごい労力が必要です。というかどっちかが折れないと話が終わりません。

違うものを真正面からぶつけるからそうなるワケで、じゃあお互いを認め合って、「アナタはそうなのね、自分はこうなのよ、ってことはこれとあれをいいとこ取りしてやっていくのってどうだろう?」みたいな擦り合わせがまだ意味のある議論と言えます。

すごく分かりやすいのは、恋愛の例えです。

自分にとってものすごいタイプの人がいたとして、どうしてもモノにしたいと猛烈なアプローチをします。でもその相手が好きなタイプは自分のキャラとは正反対の人だった、と。それでもしつこく迫りますか?あるいは、とりあえず友だちからでもいいんで、と距離感を保ちつつ仲良くなれる方法を探りますか?

自分が大好きだからって、相手も自分のことを大好きになってくれるとは限りませんよ、って話です。

人はみんな違います。その前提に立つこと、ホントの本当に大事です。

脱毛への価値観だってみんな違うんだ

ここで唐突に話を脱毛に切り替えます。

男性の脱毛は、ここ最近でやっと認知が高まってきて『自分もやってみようかな?』と考え始める方も増えてきました。

でも一方で『いや!男が脱毛なんてありえん!』と考えてる方もいらっしゃいます。

そこでボクが大事にしているのは、

「ムダ毛のない自分らしいライフスタイル」を送りたい方、ウェルカム!

ってスタンスです。

『脱毛?しなくていいし』って方にムリにオススメしません。

『脱毛気になってるんですよね』って方には、メリットもデメリットも同じだけお伝えして、その方自身の判断に委ねます。

『脱毛したい!けど…』って方には、背中をポンと押せるようなお客様の声を紹介したりします。

『脱毛したいんでお願いします!』という方には、分かりやすい説明をしてウチのサロンのご利用に必要な知識などををお伝えしたうえで、最大限お得になるような脱毛プランを提案します。

こういう風にいろんな価値観の方がいるのを踏まえたうえで、お一人ずつのリクエストに合わせて対応をしています。

ブログを書くときも、「こんな方いるよなぁ…」と毎回想像しながら、そういう方にピンポイントに向けた内容をお伝えするようにしています。

「誰でもいいよ!絶対来てね!」っていう宣伝もありなんでしょうけど、あぁいうのって自分のキャラにそもそも合わないんですよね苦笑

そういう点でも、「人それぞれだから、こんなスタイルでいきますよ」って割り切ってる感じです。割り切れた、吹っ切れた頃から、今の仕事によりやりがいを感じられるようになりましたし、お客様ともより深いお話ができたり、ものすごく気楽に接することができるようになったりしました。

この仕事を始める前がたぶん人生で一番に自分の価値観をゴリゴリ押し付けてた時期かなーって、振り返ると思います苦笑。あんなことこんなことしてしまったら、そりゃあ心に決めた人も離れていくわなーと。そんなお話もいつかできるかもしれません笑

気に入ってもらって近づいて来てもらって好かれる方法

ということで、

自分の経験や価値観をゴリゴリ押し付けても嫌われるだけだから、ちゃんと「みんな違う」って前提に立って相手を認めて接しようね

って話をしました。

これ、ホントに、年齢関係なく男性あるあるなことなので、ぜひぜひ注意してみてください。

逆に、相手の価値観を尊重して認められて、お互いの話ができて、最大公約数的な接点が見つけられたりしたら、そしたらきっとかなり良い人間関係が築けるんじゃないかと思います。

周りの人となかなかうまくいかないなーって方、ぜひ参考にしてみてください。

 

各種お問い合わせについて

「無料カウンセリング」「お問い合わせ」「料金のお見積り」「ご予約」にはかんたん便利な「LINE」をご利用ください

『脱毛を検討しているけど、何から質問したらいいんだろう?』『実際の料金はいくら位なんだろう?』『お店に電話するのは緊張する…』そんな風に困っていませんか?ぜひ当サロンの「LINE」を活用してください。 LINEのトークでアナタのご用件に店長が1対1で対応させていただきます。『LINEはちょっと…』という方は、WEBフォームから遠慮なくどうぞ。

サロン公式LINE

LINEで友だち追加

関連記事

  1. 【自己変革】自分を変えるために必要なノウハウとテクニックはこちら

    【自己変革】自分を変えるために必要なノウハウとテクニックはこ…

  2. 【20代前半向け】旧帝大卒の自営業者が大学に行く価値について自論を展開してみた

    【20代前半向け】旧帝大卒の自営業者が大学に行く価値について…

  3. 【お悩み別】『脱毛したい!けど…』と悩む全ての男性の背中を押す5つのアドバイス

    【お悩み別】『脱毛したい!けど…』と悩む全ての男性の背中を押…

  4. 【人生の後悔を減らすには】若いうちにやっておくとリア充になれる12のこと

    【人生の後悔を減らす】若いうちにやっておくとリア充になれる1…

  5. 【美意識UPの秘策】時代と心理学の観点で見るメンズエステのトリセツ【No more!後悔】

    【美意識UPの秘策】時代と心理学の観点で見るメンズエステのト…

  6. 【HIV内定取り消し訴訟】知識や情報のアップデート、リサーチしてますか?

    【HIV内定取り消し訴訟】知識や情報のアップデート、リサーチ…