【20代前半向け】旧帝大卒の自営業者が大学に行く価値について自論を展開してみた

【20代前半向け】旧帝大卒の自営業者が大学に行く価値について自論を展開してみた

『学歴社会は終わった』『大学行く価値ってあるのか』

みたいな話、ここ最近よく見聞きするように思います。

今まで日本を支えてきたいろんなシステムが破綻し始めてる影響なのかなと。

自分は大学を出た側の人間なんですが、その視点から「今からの世の中で必要になるんじゃないの?」ってことについて、大学に行く・行かないに絡めてお伝えしていきます。

学生さん、就活中の方、新卒の方、2年目3年目の方に、一つの意見として参考にしてもらえたらなと思います。

『とりあえず大学に行く』ならやめた方がいい理由

まずは今から大学に行こうとしてる方向けのお話を。

『とりあえずみんな行くみたいだから自分も~』『行っといた方がいいって聞いたから』『就活に有利だから~』

ちょっと厳しい言い方ですが、こんな感じで「とりあえず」で大学に進学したいなら、ぜひ一度考え直しましょう

経済的な問題ももちろんですが、そもそも、「自分の人生」について「自分で考えたこと」ってあるかどうかってすごく大事だと思うからです。

「大学で何を勉強するのか」「勉強したものを何に活かすのか」「勉強したことは社会でどう活きるものなのか」

こういう目的意識のあるなしって、大学在学中も、大卒後も自分自身の時間の使い方、やりがい、経験値にかなり影響します。

もっと大事なのは、これ。

誰が大学進学を決めたか

『親とかきょうだいから行けと言われたから行く』みたいなのは最悪だと思った方がいいでしょう。

自分自身で大学で勉強したいことがあって行くなら全然問題ないので、ぜひ頑張って入学を果たしてくださいね?

でももし何となくであったり、とりあえずって感覚なら、たぶん行っても行かなくても人生に差はないと思います。

個人的には、そういうふわっとした人は大学に行かずに、道を模索しさえすれば大卒の人と同じかもっと濃ゆい人生を送れるんじゃないかなと思うんです。

大学に行くなら、学びたい内容のある学校に、社会に出てから活かすために、自分の意志で行くことが大事。

大学に行く価値が薄れたんじゃないかという時代の背景

自分自身はどっちかというと流されて大学に行った人間です。

結局のところ、勉強したかったことは勉強できなかったし、奨学金という名の借金だけが残ったし、大学で勉強したことは今一切役に立っていません。

そして大学を出たという学歴を役立てなくても、十分生きていけている現実があります。

学歴云々ではなく、自分の実力で今までやってきたということは自分の自信です。

時代の話をしていきましょう。

今って大卒で就職しなくてもお金を稼ぐ手段ってたくさんありますよね。

そういう意味では、職業選択の自由度がかなり広がったんじゃないかなと、何通もの「お祈りメール」に心を痛めなくても収入を得る方法を見つけるのは楽になったんじゃないかと感じています。

Youtuber、ブロガー、インスタグラマー、アフィリエイター、インターネットで稼いでいる人はざらにいます。※今から始めて月商7桁みたいにガチで稼げるかは別として

プログラミングは今からの時代さらに需要が伸びるでしょうし、ライティングスキルがある人は執筆の代行業もできるし、投資関係で言うなら仮想通貨も(一時はだいぶ叩かれましたが)世の中の流れ的にはやる価値があると思います。

個人のスキルやノウハウがそのまま収入に転化できる時代になってきた、ってことですね。

これってすごく画期的だと思うんです。

今までは会社にへこへこ頭を下げないともらえなかった給料が、今は自分のスキル一つで会社の給料を軽く超えられる時代になったからです。

ボーナスが欲しいとか、特定の仕事に就くのが昔からの目標だったとかなら、大卒からの就職という流れで全然いいでしょうし、士業の家系でどうしても大学を出ないといけないというケースもあるでしょう。

でもそういう確固たる目的がないなら、いきなり自分で稼ぐ力を身につけてしまっても、時代的には全然OKになってきてると思います。※周りの人がどういう反応をするかは置いといて

元々特に目的もなくて、とりあえずの流れで高校を出て大学に入って、何かを勉強して、流れで就活して就職して、といったいわゆる一般ピーポーにとって、大学ってホントに役に立ってるの?ってぶっちゃけ思うんです。

学歴がなくても稼いでいる人はたくさんいるし、学歴を役に立てずに違う方面で生きてる人もいます。

仕事の選択肢というか生き方の選択肢がものすごく広がった今の時代に、「とりあえず大学に行く」価値っていうのは、以前よりはかなり薄れてきているって感じています。

もちろん大学でしか学べないこともあります。真剣に大学の勉強に打ち込んでる人もいます。

でも、単位を取ること、進級することに必死になったり、講義がだるいとか言っちゃうのってどうなのかなと。

苦労して大学に入ったのに、「誰が何を学ぶために大学に行くことを決めたのか」を忘れているのは勿体ないんじゃないかなと思うんですよね。

現役の学生さんはどう感じていますか?

あるいは既に卒業した皆さんは、自分の学生生活を振り返ってどう感じますか?

個人的には大学に行かなくてもよかったと思っている件

自分の話をします。

地元の国立大に一浪して入ったんですが、二年に上がった時にものすごく辞めたいと思うようになっていました。

学費稼ぎでバイトで働き始めてから「社会に出るためのスキルって大学じゃ身につかなくない?」「専門学校の方が役に立つんじゃ?」とかなり強く感じるようになりました。

結局親の反対に遭って、ぐだぐだになりながら卒論を1週間で書き上げてなんとか卒業させてもらった感じになりました。

その直後に始めた仕事の関係で、福岡に来ることになったんですけどね。

そこから紆余曲折を経て今メンズ脱毛の仕事をしているんですが、大学の専攻で学んだことは何も使っていません

生成言語学っていうのを英語をベースに学んでたんですけど、ロジックは好きなんですけど、実生活にはなかなか役立たせにくい内容です。

人間の脳の仕組みの話だったので、英会話の講義的なものは一切なく、今でも英語を流ちょうに話すことはできません。

そういう大学の勉強で得たものより、塾講師とかコンビニ夜勤とか、学生時代にアルバイトで得たものの方が確実に今に活きている実感があります。

福岡に来てからの自分の周りにいる人も、その人が自分で身につけたスキルで稼いでる人がすごく多いです。

逆に学歴で食べてる人ってあんまり身近にいません。※地元を遠く離れてしまったのもあるかもですが

地元に戻らず博多に移り住んでよかったと確実に言えるのは、そういう人たちのいる環境で「自分の能力だけで評価してもらえる」という点です。

学歴に左右されないし、親の縛りが影響しないのって、自分の人生を生きてる実感がものすごくあるんです。

スキルがほぼなかった分苦労もたくさんしましたが、負けず嫌いの頑張り屋を遺憾なく発揮したお陰で人生の幅はかなり広がったと思っています。※第三者にどう映るかは別として

もしそのまま地元にいたら、スーツを着て学校の先生をしてたでしょうね。そして見事に年相応に老けてたのではないかなと。

そう思うと、今はゾッとします。

まぁ、大学に行って大学を出ていなかったら、その先の進学資金を貯めるために仕事をしようとも思わなかったでしょうし、それがなかったら福岡にも来ていなかったので、大学に行ったことについては後悔はしていません。

でも選択肢はもっとあったはずだよなーと思うし、大学で学んできたことを今振り返ってみると、やっぱ価値はなかったんじゃないかって思うんです。

こういう話をすると、『そこ!アピールポイント!』みたいに言われること多いんですけど、自分にとっては学歴なんてどうでもよくて、今までの実績とか経験がモノを言うよなってつくづく思うんですよね。

大学に行くことよりも「自分が何をしたいか」を大事に

ぶっちゃけ今からの時代、よっぽど大学の変革が行われない限りは「学歴イラネ」という風潮になっていくんじゃないかなと。

学歴を身につけるよりは、 「自分自身が何をしたいか」「どうやって収入を得ていきたいか」 を突き詰めていくことが大事になってくるんじゃないかと思っています。

 必要なのは肩書じゃなくて、能力 だよなって、自分は18、9から考えてました。

これは福岡に来ていろんな仕事をしてきた今でも変わりませんし、今の時代はまさにそうだとも感じています。

今まで盤石だった会社も国も、人生を保証してくれない時代になりました。

自分の身は自分で守らないといけなくなっています。

それなら学歴とか肩書とかに囚われることなく、この 変化の激しい社会の生き抜き方を、収入の得方を知っておくことの方がよっぽど大事 だと思いませんか?

その中で親や周りの他人の意見に流されずに、自分の意志をちゃんと持つこと、要は自分の律し方(≒セルフコントロール能力)を身につけるべきだと思うんです。

で、じゃあ「どうやったらうまくいくか」っていう発想力を身につけれたら完璧ですね。

「自分がしたいこと」「収入の得方」「セルフコントロール」「発想力」があれば大学にとりあえず行く必要はなくなる

とりあえず大学に行くか、ひたすら生き方を模索するか

時代がどんどん変化して、「大卒→就職で食べていく」だけが生き方ではなくなりました。

その中で大学に行くなら自分自身でその理由をガチで考えて、自分で腑に落として、その上で進学することをオススメします。

もし、とりあえず大学出て就職しちゃった、という方がいたら、今からでも全然遅くないので、「自分がこれから何をしたいのか」「どんな収入の得方がいいのか」みたいな模索、ぜひしてください。

やりたいことが見つからない場合は、 自分の好きなこと、興味があること、ちょっとでも気になることには手を出してみる ことをオススメします。

自分も大学までの「教員になる夢」を諦めた後は、自分の好きなこと・興味のあることをひたすらやりました。

塾講師、コンビニ、アパレルの販売・企画・物流・バイイング、ECサイト運営、飲食店のホール・ドリンカー・キッチン・発注・宣伝、百貨店勤務、倉庫内作業、化粧品販売、カウンセリング、などなど…

細かく書くとものすごく大量になるんですが。

こんな風に、いろんなことを感じて、考えて、それを実行に移すことで分かることってホントにたくさんあります。

自分の場合は、大学のことではなく、これ全部が今の仕事につながってるからこそ、大学の価値ってなんなんだろうなって思うんです。

大学に行くのも行かないのも全てアナタ次第ですが、大事なことは「自分は何をしたいのか」「自分自身の意思で決める」ことです。

「とりあえず」と周りに流されずに、自分で自分の人生を決めれるようになりましょう。

 

各種お問い合わせについて

「無料相談」「お問合せ」「お見積り」「ご予約」にはかんたん便利な「LINE」をご利用ください

『脱毛を検討しているけど、何から質問したらいいんだろう?』『実際の料金はいくら位なんだろう?』『お店に電話するのは緊張する…』そんな風に困っていませんか?ぜひ当サロンの「LINE」を活用してください。 LINEのトークでアナタのご用件に店長が1対1で対応させていただきます。『LINEはちょっと…』という方は、WEBフォームから遠慮なくどうぞ。

店舗公式LINE

LINEで友だち追加

関連記事

  1. 店長のオススメ~睡眠不足な方向けのサウンド~

    店長のオススメ~睡眠不足な方向けのサウンド~

  2. 【体験談】コンプレックスが武器になった件

    【体験談】コンプレックスが武器になった件

  3. テクニックは「再現性の高さ」でチョイス&GETしよう

    テクニックは「再現性の高さ」でチョイスしよう

  4. 【容姿コンプレックス】なりたい自分になるため必要なアレとコレ【「ブス」は使用禁止】

    【容姿コンプレックス】なりたい自分になるため必要なアレとコレ…

  5. 【映えなきゃ!バズらなきゃ!】SNSに疲れてしまった方向けの活用テクニック3選

    【映えなきゃ!バズらなきゃ!】疲れてしまった方向けのSNS活…

  6. 【美意識UPの秘策】時代と心理学の観点で見るメンズエステのトリセツ【No more!後悔】

    【美意識UPの秘策】時代と心理学の観点で見るメンズエステのト…