【衝動を解き放て】やる気もモチベーションもキープするためのシンプルテクニックを解説しました

【衝動を解き放て】やる気もモチベーションもキープするためのシンプルテクニックを解説しました

最終更新日

脱毛に限らず、『これがしたい!』と強く思ったことを『やっぱやーめた』とキャンセルしてしまった経験、ありませんか?

モチベーションが一気に上がった後、一気に急降下することっていろんな場面で経験するんじゃないかと思います。

今回はこのモチベーションの乱高下とか人生における大きな選択とか、どんな選択が後悔しにくいかについてお伝えしていきたいと思います。

過去『やっとけば良かったなぁ…』という場面を何度も経験した記憶がある方、要チェックです。

やる気がガタ落ちする仕組みとは

夜中に考え事をしまくってめっちゃいいアイディアが出てきて『よしこれやったろう!』と意気込んで寝て、起きた翌朝『あれ?何であんなに気合い入れてたんだ自分…』と意気消沈した経験したことのある方、きっとたくさんいると思います。

まずはこのテンションが上下する仕組みについて解説します。

結論から言うとこれ、人間に備わった「恒常性」によるものなんです。

このブログでも何度かお伝えしたことがあるんですが、恒常性とは「欠けたもの、失ったものを元に戻そうとする働き」のことです。

「現状維持バイアス」とも呼ばれますね、これ。

人は常にできるだけ今と同じ状態をキープしたい、キープできるように思考し行動している、ってことです。

そういう性質のお陰で、気分やテンション、モチベーションが一気にグッとテンションが高くなると、それを「変化」と見なして元に戻そうとする働きが起き、一気にグッと下げてしまうワケです。

なのでテンションやモチベーションって上げ下げするのはあんまり結果に結びつかないことが多く、メンタルも安定しないという点では推奨できることじゃないんですね。

アップダウンさせずに、いつでも「ON」の状態にできるようになるのが望ましい形です。

やる気をキープするための秘訣とは

常にONにしておくのはなかなか難しそう、と思う方もいると思います。

そういう方、まずは自分のしたいこと、願望に耳を傾けることから始めてみましょう。

やる気のアップダウンがあるということは、常日頃から「やりたいこと」と「やりたくないこと」が目の前にあって、それを無意識のうちにチョイスしてる可能性があります。

この「やりたいこと」の方にしっかり耳を傾けましょう。そして「やりたくないこと」の方も、自分がやりたくないという意思をまず確認できるようにしましょう。

ここで大事なのは、自分の意思に逆らわないようにすることです。なので目の前のことに対して自分がどう感じているかをまず確認するクセを付けておくことをオススメします。

「やりたくないこと」をやらない、というワケではないですよ笑。社会に出てると「やりたくないこと」でもどうしてもやらないきゃいけない状況って多々ありますからね。

ただ、「やりたくないこと」を「やりたくない」と気づかないで漫然とこなし続けていくとどんどん心が死んでいくので、よろしくありません。少なくとも『あ、これは自分はホントはやりたくないんだな』と気づけることが大事なんです。

逆に「やりたいこと」を「やりたい!」と気づけるようになることは、やる気やモチベーションを一定にキープすることに役立ちます。

今この瞬間、自分が何を感じてるのかをいつでもモニタリングできるといいですよ、ってことですよ、ってことですね。これはいわゆる「マインドフル」な状態でもあると言えます。

この手の無意識下の行動の選択って、いろんなバイアスに支配されています。で、そのたくさんのバイアスが自分の行動にブレーキをかけてることが非常に多いんですね。

で、これらバイアスを解除するには、まずは「気づく」っていうところから始めます。『あ、今自分バイアスかかってるな』っていう意識が、バイアスから逃れるために大切になります。

やりたいことをやることでやる気をキープし、後悔を減らす

「やりたい」「やりたくない」に気づけるようになったら、目の前の選択肢の取捨選択をして、「やりたいこと」をコツコツこなせるようになりましょう。

これ、「自分らしさ」を発揮させるためにはかなり重要な行動です。

周りのいろんな声に流されず、自分の中の思い込みやバイアス、恒常性に左右されず、その瞬間に思い描いたことを行動に移して形に残したり結果を出したりできるようになると、「やりたいことができた!」という達成感が生まれるだけでなく、「やらなかった後悔」の数も確実に少なくなっていくからです。

なので「やりたいこと」を思いついても、「やっぱやーめた」とブレーキをかけたりキャンセルしたりするのは、達成感の阻害と後悔を生み出すことになるので、やる気もモチベーションも上下しやすくメンタルも安定しません。

人のする後悔のうち70%は「やりたかったことをやらなかった後悔」なんだそうです。

つまり「やりたいこと」をやらないでいると70%の確率で後悔し、メンタルが落ちるってことですね。

逆に言えば「やりたいこと」を勢いでやっても30%の確率でしか後悔しないし、メンタル面でも健全さが確保できそうってことが言えます。

ここでの「やりたいこと」というのは、人生の中の大きな転換期での選択肢はもちろん、日常の中で起こる「これ食べたい」「あそこ行きたい」のようなごく小さい身近な選択肢も同じ扱いです。

だからこそ、日々自分自身の「やりたいこと」には耳を傾けておくことが大事なんですね。

やる気は思い切って出してもOK!その理由

とは言え、人が全ての欲求に忠実になったら、そりゃあカオスなことが起こることは目に見えているワケでして。

まぁでも犯罪を犯さない範囲であれば問題ないでしょう。

『迷惑かけちゃいけないよな』とか『周りにどう見られるかな』とか考えちゃうこともあると思いますが、この辺りは意外と無視して突っ走っても平気なことが多いんです、実は。

理由は、他人は自分に意外と無関心だからです。

周りの人が別に何とも気にも留めてないようなことを、自ら抑え込んで行動に移さず悶々としてたら勿体ないことこの上ありません。

なので、最初はちょっと怖いかもしれませんが、「やりたいこと」は一度一歩踏み出してやってみるのが良いと思います。さっきもお伝えしましたが、後悔のうち70%は「やりたいことをやらなかった後悔」だからです。

それでも気になる場合は、「やりたいこと」をどういう形で行動に移すかを試行錯誤してみることをオススメします。

例えば『美味しいものが食べたい』とか『楽しい空間で過ごしたい』とか「やりたいこと」があったとして、これらは、

『美味しいものが食べたい』
→ 高級リストランテを予約して食べに行く
→ 馴染みの居酒屋でいつものメニューを頼む
→ 実家に帰って親の手料理を食べる

『楽しい空間で過ごしたい』
→ 友だちを誘ってカラオケに行く
→ 計画してテーマパークに行く
→ 自室で好きな音楽をガンガンかけて没頭する

みたいにいろんな形でアウトプットができます。こういう試行錯誤ができるようになると、より満足感や達成感が味わえるようにもなるのでオススメです。

やる気は抑え込まずに解放する

大事なことはやりたいという衝動を無理矢理に抑え込まないことです。

自分の声に素直に、周りに流されずに、自分らしい選択で毎日が過ごせるようになると、見える景色はかなり変わります。

まずは日々のちいさな「やりたいこと」をコツコツやり遂げていくことから始めてみましょう。

 

各種お問い合わせについて

「無料カウンセリング」「お問い合わせ」「料金のお見積り」「ご予約」にはかんたん便利な「LINE」をご利用ください

『脱毛を検討しているけど、何から質問したらいいんだろう?』『実際の料金はいくら位なんだろう?』『お店に電話するのは緊張する…』そんな風に困っていませんか?ぜひ当サロンの「LINE」を活用してください。 LINEのトークでアナタのご用件に店長が1対1で対応させていただきます。『LINEはちょっと…』という方は、WEBフォームから遠慮なくどうぞ。

サロン公式LINE

LINEで友だち追加

関連記事

  1. たくさんの◯◯で自分らしい人生が送れる、って話

    たくさんの価値観で自分らしい人生が送れるよ、って話

  2. 【美意識UPの秘策】時代と心理学の観点で見るメンズエステのトリセツ【No more!後悔】

    【美意識UPの秘策】時代と心理学の観点で見るメンズエステのト…

  3. 【HIV内定取り消し訴訟】知識や情報のアップデート、リサーチしてますか?

    【HIV内定取り消し訴訟】知識や情報のアップデート、リサーチ…

  4. 夢を持つことって大事なこと

  5. 【つづ井さんに学ぶ】自分は自分のままでOK!と思えるための「自己肯定感」の取り戻し方

    【つづ井さんに学ぶ】自分は自分のままでOK!と思えるための「…

  6. 【祝卒業】新生活を送る人に贈る言葉

    【祝卒業】新生活を送る人に贈る言葉