【6+1のテクニック】男はベッドの上で美肌もモテ肌も作れる件

【7つのテクニック】男はベッドの上で美肌もモテ肌も作れる件

今回は自分磨きのお話。ここ最近の自分の経験も踏まえて、ということで。

 肌って基本内側からのケアが大事で、高い化粧品使ってもそんなに意味はないですよ 、っていうのはお伝えしてることです。食事とか運動とかですね。

内側からのスキンケアは風邪引きにくくなるってメリットもあるのでオススメです◎

で、スキンケアに気を遣ってる人なら知ってると思うんですが、食事や運動以外にも肌に大事なことがもう1つあって、それが睡眠です。

ということで、スキンケアの一環としての睡眠について、ガッツリ解説していきます。

睡眠の質と肌質は比例している

睡眠が肌に大事なのは、肌の生まれ変わり=ターンオーバーが睡眠中の成長ホルモンによって促されるからです。

ちゃんと寝れてないと成長ホルモンの分泌が乱れて、肌のターンオーバーが正常に行えず、弱い肌・肌荒れの原因になる、ってメカニズムですね。

不眠が2日続くと良い方の男性ホルモンの分泌がストップして、悪い方≒ヒゲなどを濃くする方が増えちゃうし、皮脂の分泌も促進されちゃうので、パッと見の印象ダウンにもつながってしまいます。

これ、よく出す例なんですが、「社畜リーマン」のイメージってあるじゃないですか。肌青白くて、口の周りの青ヒゲが目立っちゃって、目の下にクマができて、死んだ魚のような眼をしてる、ってアレ。
肌青白くて、口の周りの青ヒゲが目立っちゃって、目の下にクマができて、死んだ魚のような眼をしてる、ってアレ
アレですね、睡眠不足が続いて、かつ、ろくに体力も回復してない状態で、成長ホルモン非活性&悪い男性ホルモン大量分泌によって、肌が弱ってヒゲが濃くなってるって状態なんです。睡眠不足続けるとあぁなっちゃいますよ?

じゃあどうすりゃいいかって話なんですが、結論としては「快眠する」ってことになります。ものすごく単純明快です笑

『それができないから困ってるんだろうよ』という方のために、できるだけ良質な睡眠を取るためのテクニックを以下でお伝えしていきます。

かくいう自分も完全夜型で、ちょっとの不安や悩みで寝れなくなってしまうことが多々ありました。今目の下に居座り続けてるクマは、4年前に瞬間的に鬱で引きこもってしまったときの名残です苦笑

でも今は結構快眠できてて、平均5.5時間くらいですが、そこから昼寝など一切せずに、施術もし、ブログも書き、デスクワークをこなせるくらいに目がちゃんと冴えた日中を過ごせてます。

寝る前と起きた直後にいろいろ工夫をして、快眠できるようになれたからだと思ってます。

今回はそういう実体験の他にも、こういう方法だと快眠しやすいよっていうものも混ぜながら解説していきますね!

 

【1】寝る前のいろんな光に注意

これはよく言われてるので知ってる方も多いと思います。ケータイやPCのモニターの発するブルーライトは、人の脳を覚醒させる作用があります。なので、寝る前に見続けると当然うまく入眠できません。めっちゃ明るい室内・店内に居続けるのもよくありません。

寝る1~2時間前からは部屋の照明を昼白色や間接照明などの柔らかいものに切り替えたり、寝る直前にケータイをいじらないと決めたりするのが非常に有効です。

ケータイの通知が気になって寝れない、ってこともありますし、返事を待っててソワソワするとかもあるので、そういう場合は思い切って機内モードにして寝るのもありです。これ、最初は逆に落ち着かないかもしれませんが、慣れたらすごく安心して眠れるので、寝る前ソワソワ勢の方にはオススメです。

 

【2】起きたら日の光を浴びる

さっきのブルーライトの話の逆で、起きるときは明るい日の光をちゃんと浴びるのが目覚めによくて、これをちゃんとやることで体内時計が「朝起きるモード」にリセットされていきます。できれば寝起きは30分明るい光に体をさらすのがいいそうです。

最近はものすごい明るい光を発して起こしてくれる目覚ましがあったり、決められた時間に自動でカーテンを開けてくれるデバイスがあったりするそうなので、そういうのを使ってもいいと思います。

要は原始の記憶を思い起こそうってことですね笑

日中、日の高いうちに外出して日の光を浴びておくことでも、体内時計はリセットされていきます。気分転換も兼ねて外に出る習慣を身につけてみてはどうでしょうか?

自分は朝が苦手で、起きたら暗い部屋にいて、できるだけ少しずつ少しずつ部屋を明るくしてました。でも、これを知ってから、起きてすぐカーテンを開けるようにしました。天気のいい日中はわざと遠くのスーパーに歩いて買い物に行ったりして、日の光をできるだけ浴びるようにしています。体感的に結構シャキっとするのでイイですよ。夜もすっと眠れることが多くなったし、朝起きるのも早くなってきてるので、超お手軽&オススメのテクニックです。

 

【3】寝具をそこそこ良いものにする

これ、結構見落としがちだと思うですよねー。なかなか眠れない方、どうですか?自分は思いっきり見落としてました苦笑

薄いせんべい布団(って今言いますかね笑)よりは、そこそこ反発のあるマットレスの方が絶対快眠できるし、寝る時によく取る姿勢によっては、枕の高さ・形も合わせた方がベストです。

上にかける掛け布団はちょっと重い方が快眠できる、というデータもあります。確かに自分も、ホテルのふわふわ軽い布団より、自宅の重めの毛布たちの方が寝やすいなって思います。

人によっていろいろ好みや相性があると思うんで、そこはIKEAとかニトリとかでいろいろ試してみてください。

 

【4】ベッドは寝るためだけに使う

当たり前のことに聞こえると思うんですが、実際そうじゃない人がものすごく多いんですよー!

それを証明する質問がこちら。

「寝るときやそれ以外のとき、ベッドの上でケータイを見ることがありますか?」

これ、ほとんどの人が『YES』と答えると思うんですよね。それが実は寝れない原因になってたりします。

要は、身体が「ベッドの上はケータイを見るところ」って覚えちゃうのがよくないんですよね。だから、

◆寝るとき以外はベッドを使わない
◆ベッドの上ではケータイは扱わない

っていうルールをしっかり守って、「ベッドの上は単純に寝るところ!」って身体に叩き込み直してみてください。これだけでも結構効果はあると思います。

 

【5】眠るとき頭の中で思い描くことを変える

人って夜になると、どうしてもネガティブな思考になってしまうそうです。だからベッドに入ってからいろんな考え事をごちゃごちゃしてしまって、脳みそフル回転≒興奮状態になって眠れなくなる、ってことが起きます。

誰でもそうなりやすいので、止めろってことはなかなか言えないんですが、代わりに別のことを考えて置き換えてみるのは、一つの手です。こんな風な手順で思考を巡らせるとすっと眠りにつけます。

ベッドor布団の上に寝る準備万端で座る
 ▼
目をつぶる
 ▼
頭の中で何か一つイメージする(猫、止まれの標識、キャラクター、など何でも、ハッキリ思い描けるものならOK)
 ▼
そのイメージがぶれたり変わったりせずに、ハッキリ思い描けて、10秒くらい経ったらそのまま横になって寝る

これ、頭の中のごちゃごちゃな思考を一つのイメージだけに置き換えてしまうって、興奮状態を落ち着かせて眠りにつこうって方法です。マインドフルネス(って聞いたことありますか?)のテクニックの一つで、非常にオススメです。

これと似たような方法に、「認知シャッフル睡眠法」っていうのがあります。これは今挙げたものとは逆に、いくつもイメージのお題が提示されて、その度にそのイメージに切り替えていくっていう方法です。自分はこれでマジビビるくらいにスッ!!!と寝れました笑

無料のスマホアプリが出てるので、よければぜひ。これもメンタリストDaiGoさん監修(彼の弟さん作成)です。

マインドシャッフル
【iOs版】https://itunes.apple.com/jp/app//id1406829030?mt=8
【Android版】https://play.google.com/store/apps/details?id=com.keigo.matsumaru.mindshuffle&hl=en_US

 

【6】仰向け&深い呼吸で入眠開始

これも快眠テクニックで、【5】よりもカンタンなヤツです。

仰向けでやや大の字になって、深呼吸、具体的には吸うより吐く方を長くするようにすると、副交感神経が優位になるので、身体も脳もリラックスしていきます。呼吸に意識を向ける(鼻の孔から空気が出入りする様子とか、肺やお腹が膨らんだり縮んだりする様子とかを観察)とより効果が高いです。

これ、さっきのマインドフルネスのテクニックに近いものがあります。いろんな考え事で頭をいっぱいにするんじゃなくて、呼吸にだけ意識を向けることで脳みそがチーンってなるんで、眠りに入りやすくなるというワケです。

最近自分はこれをよく使ってます。すっと眠りに入って、一回も目が覚めずに朝パッと起きるとか多くなりました。

 

美肌作りも快眠も身体の内側から

とりあえずざぁーっと挙げるとこんな感じです。その他快眠するために必要なのは、

◆日中の運動
◆入浴のタイミング
◆夕食のタイミング
◆日々の瞑想
◆メンタルのストレス対策
◆リラクゼーションサウンド

が挙げられます。体内時計を狂わせないってことと、脳の興奮状態をできるだけ解消することが大事になります。

体内時計のリセット、自律神経の正常化がちゃんとできるようになると、仕事とか勉強とかのパフォーマンスも上がります。その上で、肌も強くキレイになっていくんだから、快眠しまくるしかありません。

人間の三大欲求の一つって言われるくらい、睡眠欲の充足が人には必要です。眠れない=人生の1/3損してる、みたいなもんなので、眠れなくて困ってる方、ぜひ今回の話を参考にしてみてください。

ちなみに、当サロンのBGMはものすごいリラクゼーション効果があるようで、通いなれてる方はベッドに乗るとすぐ寝てしまいます(?!)

そんなリラックス効果まである(?)脱毛サロンはなかなかないでしょう!痛い・怖い、でなかなか最初の一歩を踏み出せない方、ぜひ安心してくださいね!

 

【追記】コーヒーの活用でも睡眠の質は上がります

そう言えば!寝る5~6時間前のカフェインの摂取を控えるのも大事ですね!コーヒーとか嗜好品大好きな方、ぜひ意識してみてください。

自分もコーヒー大好き人間なんですが、一日多くても2杯、18時前までに飲むようにしてます。それ以上多くなるとカフェインが効きすぎて頭痛がするのと、18時よりも後にコーヒーを飲むとこれもやっぱりカフェインが効きすぎて目が冴えて寝れなくなります。

コーヒーなどのカフェインって、人によって効く・効かないの幅が大きいそうで、自分みたいにちょっとでもすごく効く人と、ガバガバ飲んでも全然効かない人がいるそうです。よく効いちゃう人は、嗜好飲料を飲むタイミングに注意しましょう。

 

各種お問い合わせについて

「無料相談」「お問合せ」「お見積り」「ご予約」にはかんたん便利な「LINE」をご利用ください

『脱毛を検討しているけど、何から質問したらいいんだろう?』『実際の料金はいくら位なんだろう?』『お店に電話するのは緊張する…』そんな風に困っていませんか?ぜひ当サロンの「LINE」を活用してください。 LINEのトークでアナタのご用件に店長が1対1で対応させていただきます。『LINEはちょっと…』という方は、WEBフォームから遠慮なくどうぞ。

店舗公式LINE

LINEで友だち追加

関連記事

  1. 【5年後、10年後の悲劇を防ぐ】アナタのその肌、「見せかけ美肌」になってませんか?

    【5年後、10年後の悲劇を防ぐ】アナタのその肌、「見せかけ美…

  2. 【警戒宣言発令?!】睡眠とブルーライトの関係を善悪両面から解説してみた

    【警戒宣言発令?!】睡眠とブルーライトの関係を善悪両面から解…

  3. 化粧男子必見!肌に良い&正しい洗顔とは?

    【化粧男子必見】肌に良い&正しい洗顔の基礎知識を知ろう!

  4. 【自己流はもう卒業】カミソリ負けしない「ムダ毛処理6か条」で…

  5. 【お手軽&時短のスキンケア?】スプレータイプの化粧水ってどうよ?について考察してみた

    【お手軽&時短のスキンケア?】スプレータイプの化粧水ってどう…

  6. 【あるあるを止めるだけ】男の肌を綺麗にキープするための大前提6か条を覚えよう

    【あるあるを止めるだけ】男の肌を綺麗にキープするための大前提…