【まさかの展開に】「環境」と「付き合う人」を変えた結果、人生が大きく変わった話

【まさかの展開に】「環境」と「付き合う人」を変えた結果、人生が大きく変わった話

自分を変えるには、あるいは人生を変えるには、「環境」と「付き合う人」を変えろ、と言われます。

でも、いざやろうとなるとなかなか勇気が要りますよね。

『本当にそれで変わるの?』と思ったりもするでしょう。

そういう一歩踏み出す前の方のために、今回は自分が実際に「環境」と「付き合う人」を変えて人生を変えてきた話をしたいと思います。

あくまでサンプル数1の話で、全ての方に等しく当てはまるものではないかもしれませんが、一つの例として参考にしてもらえたらと思います。

今まで自分が変えてきた人と環境の話をします

完全に個人の昔話になるんですが、できるだけ「付き合う人」と「環境」がどう変わっていったかという事実に即した内容にしたいと思います。

いわゆる普通の生活をしてたら、ここまで変わることはないんじゃないかと我ながら思います。

『なかなか身動き取れないんだよなぁ』という方の背中を押せたらいいなとも思っています。

地元に居た頃から人と環境を変えていた

学生時代地元にいた頃は、大学よりもゲイの友だちだけの小さなコミュニティにいることが多かったです。※自分は今はオープンリーゲイとしてカミングアウト済みです

実家にいるのが嫌で一人暮らしを始めたことも、そういう「根っこがつながっている人」「自由に会える環境」で過ごせた要因だと思います。

この頃のいろんな経験がなかったら、今の自分は無かったんじゃないかと思うくらいに濃い時間だったと思います。

家族にカミングアウトしたのもこの頃でした。

福岡に転勤したことで、付き合う人も環境も一気に変わった

大学を出てから始めたアパレルショップのアルバイトで正社員にしてもらい、会社に配属先の希望を出して関東進出を果たしました。

ある意味策略的な関東進出は、3か月目の辞令で福岡本社へ異動となり、あっという間に潰えたワケですが苦笑

そこで「自分よりも経歴の長い大先輩」「地元を1,500km離れた環境」でひたすら仕事をすることになったワケです。

その中で、某有名ブランドの創設デザイナーの方と一緒に仕事をしたり、アパレルど素人の自分が本社と店舗の橋渡し役になったり、商品企画にも物流にも携わる機会に恵まれたりもしました。

結局会社は倒産してしまったんですが、そういう様々な経験から「教員以外でも仕事できるな」と、「アパレル楽しいじゃん」と思えるようになり、地元に帰らず福岡で仕事をする決意ができました。

福岡での仕事は、「地元での学歴がほぼ通じない環境」で、敢えて自分の実力が試される内容のものをチョイスし続けました。

求人情報に頼らず「その時つながりのあった人づて」で仕事をしたこともあります。

同時に、「地元を遠くなはれた完全アウェイな環境」で、「ゲイのコミュニティ内」で自由な活動ができたのも、すごく良い経験だったと思っています。

何十人も参加したイベントをいくつか主催できたのは、当時としては珍しいことだったんじゃないでしょうか。

仕事を変えて、環境も付き合う人も変えた

アパレルの仕事で限界を感じて辞めた後に飲食の仕事もしました。

「アパレルの知識がほぼ役に立たない環境」「全然人づてのない」ところからのスタートでした。

最初はしんどくてひぃひぃ言ってましたが、努力が実ったのかいろんな仕事を任せてもらえるようにもなりました。

それまでメンズアパレルしかやってこなかったので男性客の接客しか知らなかったのが、女性客ともちゃんと関われるようになったのも、飲食業を経験したからです。

福岡に来てから一番濃い時間を過ごしたのも飲食のときだったかなーと思います。

その後飲食を辞め、当時ちょいちょいお付き合いのあった先輩からお誘いを受け、ベンチャー企業の立ち上げに関わることになりました。

これも「全く足を踏み入れたことのない環境」だったワケですが、この立ち上げ事業に関われたお陰で、「全国の様々な事業家の方」と接するチャンスができました。

そのときから「経営とは」「リーダーシップとは」といった話を少しずつ勉強するようになりました。

また、いろいろ移動が必要な仕事でもあったので、物理的な距離に対する抵抗がなくなってフットワークが軽くなったのも、この時の経験のお陰かなと思っています。

「もっと自分を活かせる場ってないものか」「一発絶体当ててやりたい」って思いながら試行錯誤をしていたのがこの時期だったと思います。

今思い返せばですが、その思っていた通りの環境とか人とかが周りに集まっていたなという気もします。

恥ずかしながらそれを全然活かせなかったワケですが苦笑。

一度全ての環境と人を手放して再スタート

立ち上げ事業のあれこれが一段落した後、いろいろ立ち行かなくなった時がありました。

プライドを捨ててお金を稼ぐためにいろいろやりました。やったものの興味がなかったりモチベーションが足りなかったりで長続きしたものはなかったんですが。

3か月に1回くらい仕事を変えてたので、その度に環境が変わったし人も変わりました

思うように収入が得られず、いろんなストレスが溜まりに溜まって、その頃一回人生を諦めたことがありました。

「この夢が叶えられないなら生きてる価値がないな」と本当に思ってましたし、「どうやって死んだら誰にも迷惑かからないだろうか」と考えたこともありました。

これ、今考えたらホントにただの豆腐メンタルのせいで、行動に移す勇気がなくて良かったなと思ってます苦笑

このタイミングでほぼ全ての人脈を捨てました。というか、自分から一方的に縁を切ったような形なんですが。

でも結果、本当に仲良くしたい人とはこの時からもずっとつながっているんですよね。

そしてこの頃新たに仲良くなれた人とのつながりって、今もずっと続いてて、それ以前の交友関係と比べると強いし深いなと感じてます。

一方仕事では満足のいく成果は全く出ず、「これでは本当に人生詰むな」と痛感しまくったので、半年スパンの能力開発の研修に参加しました。

「自分の思い込みや限界を手放して、元々持っていた才能や可能性を改めて自覚する」みたいなことをゲーム形式の様々なワークを通して身体で覚えていくという内容でした。

その研修は「これで人生変えるぞという人だけが集まった環境」だったワケで、同じ時期に参加していた人たちが、「個人事業主(候補)の集団」みたいな感じで、世界が一気に広がりました。

学生のうちにブログを通じたリアルビジネスで月商8桁、って人が普通にいましたからね。

ものすごい刺激の多さでした。

頻繁に東京に行くようになったのもその頃です。

「本気で変わらないと」という決意で一旦人も環境もリセットできたのが、今の自分には間違いなくプラスに働いています

独立・起業して、人脈も環境も一気に広がった

で、その研修後の低迷期に今のメンズ脱毛の仕事にたどり着くことができました。

研修を受けていなかったら、間違いなく手を出せなかったと思っています。

また、その当時の「研修仲間」からいろいろ勉強していなかったら、「個人でビジネスするって環境」を受け入れられなかった、当たり前と思えなかったでしょうし、こういうブログだってちゃんと書けてなかったでしょうし、マーケティングだって勉強していなかったと思います。

仕事がある程度軌道に乗って、フットワークの軽さが復活してからはさらに世界が広がりました。

今まで行ったことのなかった場所にいろいろ行けるようになりましたし、その分の経験もたくさんできています。

一回死のうかなと考えていた4~5年前とは全然違う世界が今は見えています。

これは間違いなく「研修という特別な環境」に身を投じて、「すでに実績のある人たち」と関われたからだと思ってます。

元々想像していたのとは全く違う人たちに囲まれている環境

と、ここまでばぁーっと書いてみましたが、自分が変えてきた「人」「環境」、どんなものかお分かりいただけたでしょうか?

いろんな変化を経て自分がどう変わったのかというと、こんな感じなんじゃないかと思います。

以前の自分

・自分を勘違いしていた
・考えだけはいっちょ前だったが行動できなかった
・メンタルが豆腐だった

今の自分

・素直になり切れていないところはあるが、自分自身の感覚を信じれるようになった
・したいと思ったことが確実に行動に移せるようになった
・メンタルがそこそこ強くなった、トラブっても「どうやったらいいか」を落ち着いて考えれられるようになった

 
元々学生の頃からの夢って「英語の先生になって、みんなが苦手と思ってる英語を楽しく覚えてもらったらいいな」でした。

が、今は自分個人で全く関係ない業界で仕事をしています。

途中から夢にしていたゲイコミュニティ向けのビジネスもできています。

加えて全国に友だちがいます。

学生の頃からは全く想像つかない状況が、今現実として起こっています。

これはやっぱり、環境をいつでも変えてきたことと、付き合う人を変えてきたことが間違いなく大きな要因です。

物理的な環境も、精神的な環境もその都度変えてきましたし、付き合う人に関しては、そのとき必要な人といつも身近にいたなと、今振り返ると思います。

今この瞬間には、「もっとあぁしておけば」「こうしておけば」と思うことはたくさんあります。

でも、全体として後悔はしていないんですよね。

ざぁーっと振り返ってみても、いつでもやりたいことをやってきましたし、うまく行くかどうかを試して可能性がないものは潰して、可能性のあるものだけを残してこれたなって思うからです。

そうやって経験を積み上げて実力にしてきたという自信にもなっているかなと。

『じゃあ今すぐ環境変えろ』って言われたら、ちょっとビビるところはありますが苦笑

時代に合わせて自分を変えられるようになるべき

 変化の激しい時代だからこそ、人生の早い段階で環境を変えたり、付き合う人を変えたりする勇気を持つ ことをオススメします。

今の社会では、自分が変わらずに周りがどんどん変わっていくことが致命的になったりもするからです。

「老害」って言葉はまさにその象徴なんじゃないでしょうか?

今まで生きてきたことを「害」と言われないためにも、臨機応変に自分の身の周りで変化を起こせる生き方ができるようになっておきましょう。

昨今会社が個人を守ってくれない事象も散見されます。

自分の身を自分で守れるようになるためにも、 「付き合う人」と「身を置く環境」は常に意識しておくべき だと思います。

 

各種お問い合わせについて

「無料カウンセリング」「お問い合わせ」「料金のお見積り」「ご予約」にはかんたん便利な「LINE」をご利用ください

『脱毛を検討しているけど、何から質問したらいいんだろう?』『実際の料金はいくら位なんだろう?』『お店に電話するのは緊張する…』そんな風に困っていませんか?ぜひ当サロンの「LINE」を活用してください。 LINEのトークでアナタのご用件に店長が1対1で対応させていただきます。『LINEはちょっと…』という方は、WEBフォームから遠慮なくどうぞ。

サロン公式LINE

LINEで友だち追加

関連記事

  1. 【心理学もスキンケアも】人生を変える勉強の価値について語ってみた

    【心理学もスキンケアも】人生を変える勉強の価値について語って…

  2. 【また言い訳?】脱毛したいのに『しなくていいや』と思っちゃう男性の皆さん

    【また言い訳?】脱毛したいのに『しなくていいや』と思っちゃう…

  3. 生産性の話

    生産性の話

  4. 自分らしさとは自分自身を満たすこと

    【シャンパンタワーの法則】自分らしさとは自分自身を満たすこと…

  5. 【体験談】コンプレックスが武器になった件

    【体験談】コンプレックスが武器になった件

  6. 【映えなきゃ!バズらなきゃ!】SNSに疲れてしまった方向けの活用テクニック3選

    【映えなきゃ!バズらなきゃ!】疲れてしまった方向けのSNS活…