【つづ井さんに学ぶ】自分は自分のままでOK!と思えるための「自己肯定感」の取り戻し方

【つづ井さんに学ぶ】自分は自分のままでOK!と思えるための「自己肯定感」の取り戻し方

メンタルに問題を抱えている人って最近増えてきているワケですが、ある程度安定させるためには「自分は自分のままでOK!」と思える自己肯定感を正しく持つ必要があります。

今回はそんな自己肯定感の持ち方・取り戻し方について、あるブログを参考にして解説していきます。

『自分に自信が持てなくて病む…』という方はぜひ参考にしてください。

自己肯定感を取り戻したつづ井さんのお話

「つづ井さん」という方、知っていますか?

Twitterで描く絵日記が人気になり、すでに4冊の本を世に送り出した女性です。

自分も彼女が駆け出しの頃フォローしてよく読んでいたので、最近久しぶりに名前を見て調べてみてびっくりしました。

そのつづ井さんが直近の出版にあたって、こんなエッセイ?宣言?を出し、それもまたTwitter上で話題を呼びました。

「裸一貫!つづ井さん」についてちょっと真面目に話させてくんちぇ~|つづ井|note(ノート)
https://note.mu/happyhappylove/n/n28f73ff5cdce

内容は詳しく読んでもらうとして、要約すると、

『以前のような自虐はやめ、自分の楽しい生き方をそのまま表現したい』

ということで、「あーこれはいろんな人に刺さる内容だなー」と思いました。

自分は自分でOK、周りに合わせなくていいし、自分らしい人生の楽しみ方でいいじゃん、って心の底から大声で言える人ってなかなか多くありませんよね。

そういう自己肯定感を、つづ井さんは自分の作品を作る中で取り戻していったんだろうなと、このnoteを読んで感じました。

自己肯定感が弱くなってしまう原因とは

本来人は自己肯定感をちゃんと持てるようにできています。

が、大人になる過程でどこかを拗らせてしまうケースが結構あります。

特に日本の場合、謙虚さは美徳とか、和を以て貴しとなすとか、かつての競争社会の名残とか、男尊女卑や性差別とか、そういう個々を押し殺したり、一方が優れていて他方が劣っている、みたいな風潮がどうしても残っていて、それが自己肯定感を弱める原因なんじゃないかと思っています。

そんな風潮の中、直接否定されてもいないのに、身の周りにはびこる否定の嵐に揉まれて『自分はダメなんだ…』と思い込んでしまう人が増えやすくなっているのではないかと。

例えば、以前よりもずっと他人と比べてしまいやすいインターネットやSNSの環境があります。

国内外の俳優やモデルの画像・動画がいつでも見れるようになったことはもちろん、見た目の評価によって変わる「いいね」や「フォロワー」の数が可視化されていることも、自分と他人を比べてしまいやすい状況を生んでいます。

また、自分を落として受けを狙おうとするお笑いの風潮も結構影響があるんじゃないかと思っています。

芸人さんであったり超絶メンタルがタフな方ならまだいいでしょうが、その辺りの耐性がない一般人が自虐で周りからの評判を得ようとするのは、自己肯定感をどんどん弱めるリスクしかありません。

こういった見た目の「映え」を意識せざるを得ない状況とか、周りの人の言う見た目の良し悪しとかに、今の人たちってものすごく左右されてしまっています。

で、結果として、『自分は自分のままでは劣っている、ダメ』と自己肯定感を弱めてしまいがちになる、と。

でも そもそも人はみんな違って当たり前 なんです。

親も家族も育った環境も何もかもが違います。

だから本来なら、自分と周りと比べる必要はないし、合わないのにムリに周りに合わせる必要もないんです。

人それぞれオリジナルで全然OKなんです。

にもかかわらず、「仲良くしないといけない」「一緒じゃないとダメ」「人は優劣で判断される」みたいな、個を押し殺す空気の中で育つことで、自己肯定感は弱まりこじれていってしまうんですよね。

ちょっと昔に比べたら、個を尊重する空気感はかなり強くなってきたと思います。

でもこれが全ての人にプラスに働くまでにはまだまだ時間がかかりますよね。

自己肯定感の取り戻す7つのテクニック

バンザイ

じゃあどうやったら弱くなった自己肯定感は元に戻るでしょうか?

まずはカンタンに原因をハッキリさせていきましょう。

自己肯定感が弱くなっている人って、いろんな形で「自分自身を押し殺されてきた」のが原因になっています。

例えば…

・「アナタはダメな人だ」と親や親せきに言われて育った
・周りの空気を敏感に感じ取ってしまう
・いじられないように目立たないように生きてきた
・高みを目指していつでも完ぺきでいようとする

こんな過去がある場合、無意識下にまで『自分はダメだ』という考えが刷り込まれてしまいます。

自己肯定感を元の形に取り戻していくためには、「自分はダメじゃない」と思えるようになり、同時に「元々自分ってどんな人だったっけ?」と思い出す作業をしてみるのが効果的です。

そのためのテクニックを7つ、紹介していきます。

①いいねを押すのを止める

SNSでよくある「いいね」、これを意識して押さないようにしてみましょう。

「いいね」って繋がっている友だちの印象を良くしようとか、ファンですアピールのためとかで押したりする人も多いと思いますが、それって本来の自分の気持ちとかけ離れていませんか?

無意識にポチポチ押してしまうのを止めてみると、周りに流されない本来の自分おn気持ちとか考えがハッキリ見えてくることが多くなります。

心当たりのある方は早速今から実践してみましょう。

②自分を表現してみる

ノートに直筆の日記でもいいですし、フォロワーゼロのSNSアカウントでもOK。

自分自身の気持ちや考えをそのまま表現できる場所を用意しましょう。

周りの目を気にせずに自由に自分を表現できるようになると、元々の自分を取り戻していきやすくなります。

つづ井さんも自己表現をひたすら続けた結果、『周りに合わせない自分でも生きてるだけで楽しい』と思えるようになったんじゃないかなって思います。

③選択肢は好きか嫌いかだけ

何かを判断する時の基準をシンプルに「好き」か「嫌いか」だけにしてみるのも、意外と効果があります。

自己肯定感が弱くなっている人は周りに合わせたり、空気を読んだりしがちです。

それを止めて自分自身の好みをフル活用していくのは、自分らしい生き方をする上ではかなり大事な要素だと思います。

④ヘイトはブロック

周りにいる嫌な存在はできる限り遠ざけましょう

これは肉親だろうが昔っからの友人だろうが関係ありません。

アナタのことをダメ人間扱いしたり、嫌ないじり方をしてきたり、足を引っ張ったりするような人が周りにいると自己肯定感はなかなか元に戻りません。

SNSならブロック機能を有効に活用して、身の周りの人間関係を整理することをオススメします。

⑤褒めてくれる人に囲まれる

④とは逆に、アナタのことを認めてくれる人、褒めてくれる人とはぜひ仲良くしましょう

自分を認めてくれた上で怒ったりアドバイスしてくれたりする人もぜひ身近にいてもらうべきです。

自己肯定感を取り戻していくには、周りの人からの支えも大事です。

「お前はダメなヤツだ」と言われ続けた以上に「アナタは◯◯なところがすごい」のように褒めてもらえる環境に身を置くようにしましょう。

⑥自虐封印

つづ井さんもしたように、自分を貶めて周りの人に受け入れてもらうようにすることは今後一切やめましょう

単純にこれをするかしないかだけでも、自己肯定感ってかなり元に戻っていくと思います。

自分のネガティブな部分をネタにするなら、自分の努力している部分とか、他の人にはできないような強みとか、そういうことを引き出しに持っておく方がいいですよね。

⑦素直にありがとう

自己肯定感が弱い人あるあるですが、褒められたら『いやいや~!』って謙遜しちゃいますよね。

その謙遜もぜひ今日から止めちゃいましょう。

褒めてもらったら謙遜する前に、「お世辞じゃないかな」と疑う前に、「自分なんて全然未熟だし」と自己卑下する前に、素直に「ありがとう」とお礼を言えるようになりましょう

これ、最初の内はなかなかすっと言いにくいと思います。

が、そこは慣れが大事。

謙遜してしまうクセをぜひ押さえて、「褒められたらありがとう」のクセに変えていきましょう。

2か月で自己肯定感を取り戻そう

閃き

ということで、自虐を封印して、褒められたら素直に『ありがとう』と言えるようになって、自己肯定感を元の形に取り戻していきましょう!というお話でした。

自己肯定感の高め方、取り戻し方っていろいろあるんですが、今回紹介したのは、いつでもすぐに始められてじわじわ効いてくるタイプのテクニックです。

自己肯定感を含めメンタルをコントロールしていく場合、ゼロをいきなり百にするのはさすがに難しい。

心理学的には、8週間改善行動を続けることでメンタルに効果が出てくると言われています。

なので、2か月を目安に続けていってみましょう

無意識の言動をちょっとずつ修正していくと、どこかのタイミングで「あーそういうことか!」と閃くタイミングがあるはずです。

今回のブログで『自分は自分OK!』と胸を張って言えるようになる人が、一人でも増えることを願ってます。

 

各種お問い合わせについて

「無料相談」「お問合せ」「お見積り」「ご予約」にはかんたん便利な「LINE」をご利用ください

『脱毛を検討しているけど、何から質問したらいいんだろう?』『実際の料金はいくら位なんだろう?』『お店に電話するのは緊張する…』そんな風に困っていませんか?ぜひ当サロンの「LINE」を活用してください。 LINEのトークでアナタのご用件に店長が1対1で対応させていただきます。『LINEはちょっと…』という方は、WEBフォームから遠慮なくどうぞ。

店舗公式LINE

LINEで友だち追加

関連記事

  1. 諦めないこと、夢があるなら向き合おう

    【Lady Gagaのスピーチから】諦めないこと、夢があるな…

  2. テクニックは「再現性の高さ」でチョイス&GETしよう

    テクニックは「再現性の高さ」でチョイスしよう

  3. 【Pride Weekにつき】LGBT当事者の中でもまだ多様性のキャパ足りないんじゃないか説について意見を述べてみる回

    【Pride Weekにつき】LGBT当事者の中でもまだ多様…

  4. 【毎日の生活にIN!】メンタルを鍛えるための3大テーマがこちら【豆腐メンタル男子必見】

    【毎日の生活にIN!】メンタルを鍛えるための3大テーマがこち…

  5. “自分らしさ”とは?

    “自分らしい”とは?

  6. 【心理学もスキンケアも】人生を変える勉強の価値について語ってみた

    【心理学もスキンケアも】人生を変える勉強の価値について語って…