【映えなきゃ!バズらなきゃ!】疲れてしまった方向けのSNS活用テクニック3選

【映えなきゃ!バズらなきゃ!】SNSに疲れてしまった方向けの活用テクニック3選

『暇だとなんとなくSNS見ちゃうんだよね』
『別に楽しいとかじゃないけど、Twitterとか眺めてると時間過ぎちゃう』

みたいな感覚になったことがある方、多いんじゃないでしょうか?自分ももちろんその中の一人です笑

かつてのmixiから始まったSNSの流行、今では完全に現代社会の一部、生活の一部になってると言えると思います。

そんな中SNSがうまく活用できずにいると、コミュニケーションはもちろんメンタルにも悪影響が出たりします

無くてはならないSNS、どう活用したらいいかについて、自分なりの考察・対策をお伝えしていきます。

画面を開かないと落ち着かないという方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ちなみに今回の話はあくまで個人でSNSを使う際のお話です。ビジネスでSNSを使う場合はもっとテクニカルなことが求められるので、ここでは言及しません。

SNSで疲れてしまう理由を詳しく

いきなり本題に入りますが、いわゆるSNS中毒になると何がよくないかというと、

・ムダに承認欲求が高くなる
・自分の容姿がどんどん受け入れられなくなっていく
・他人と比較して自己嫌悪に陥っていく
・間違った情報を鵜呑みにして情弱になってしまう
・ネガティブな要素に引きずられてしまう
・ムダな争いごとに巻き込まれる

みたいなことが起こります。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

承認欲求高くなりすぎ問題

承認欲求って誰にでもあるものなので、それ自体は別に問題ではありません。

問題になるのは、 いつでもどこでも誰かに認められていないと落ち着かないくらいになっちゃってる状態 です。

いいねの数が多くないとダメだとか、今日は写真UPできてないから嫌われるだとか、そうなっちゃうとまさに「中毒」状態です。

誰かに認められるって自分の自信につながることなんですが、それ以前に「自分は自分でOK」「誰にも認められなくてもOK」みたいなマインドで在る方が、メンタル的には健全です。

容姿ブスと思いがち問題

最近はカメラアプリ、画像編集アプリが無料のものでも非常に高機能なので、顔の各パーツの形を変えたり、肌のキメを調整したり、あるいはスタンプで隠せたりと、いろんなことができます。

そういう加工済みの自分をSNSで発信し続けていくと、それが本人の外見的なセルフイメージになっていく場合があって、 これが度を超すと整形手術を受けないと気が済まない事態に発展します 

「ブス」って言葉、最近よく見かけるようになって、しかも自分で自分のことをそう自称する人が増えてきてるのって、何か残念だなって思ってます。

見た目のコンプレックスって抱えてる人は多いと思うんですが、褒められても素直に受け止められず自己卑下に走ってしまうようだと、自己肯定感が下がっていくことになります。

ブスって言葉、自分にも相手にもカンタンに使えるからこそ使い方にはホント気を付けないといけないなと思います。

隣の芝は青く見える問題

SNSとともに暮らしていると、どうしても周りの人と比べてしまいがちです。

フォロワー数やいいねの数など、目に見えて数字が出ているので、余計に。

そこで誰かと自分を比べるってことが起こるんですが、これも度が過ぎるとメンタルに悪影響が出ます。

そもそも人は生まれも育ちも生きてきた時代も経験値も、得意なこと、苦手なこと、全部違います。 あらゆるところが違うのに、同じ土俵に立って相手を自分を比べることがそもそもナンセンス なんです。

だから、余所はよそ、ウチはうち、っていう感覚がすごく大事で、『あの人は◯◯だけど、自分は△◇だから、それでいいよね』って言えるようになった方がよほどメンタル面には健全です。

情弱量産化問題

SNSでバズった情報って、いかにも信憑性が高そうに聞こえますが、残念ながら必ずしもそうではないのが現実です。

ただどうしても数の暴力でホントっぽく見えてしまうので、良く調べず鵜呑みにしていまうと騙されてしまいます。

情報がとにかく飽和しまくってるんで、それが正しくてどれが間違ってるかって見極めるのがめんどくさくはあるんですが、 一旦自分の中で確認するクセをつけておかないと、デマに振り回されてしまいます 

そういういわゆる「情弱=情報弱者」は間違った情報の拡散に手を貸してしまうだけではなく、詐欺に引っかかりやすくなるリスクも多分に含んでいます。

ごくごく当たり前になったSNSだからこそ、目に入ってくる情報の精査はした方がいいでしょう。

メンヘラ化問題

人はネガティブなことにどうしても意識を奪われてしまう生き物です。で、SNSが発展してきたせいでそういうネガティブな要素が大量に出回っている現状があります。

最近は似たような自動車事故とか、刺殺事件とかをよく見かけるワケですが、そういうのに目を奪われているとやはりメンタルを病みます。

自分がネガティブな思考になってしまうのは仕方ないし、ネガティブ思考が必ずしもダメではないのでいいとして、 必要以上にネガティブな情報に触れて、自らのメンタルを落とす必要はどこにもありません 

さっきも言いましたが、目に入ってくる情報は自分の意思で取捨選択した方がよさそうです。

炎上の延焼問題

他人の言い争いに直接ではないものの巻き込まれることもあるかと思います。

さっきのネガティブなことに引っ張られるのと同じ原理で、 見てるだけで自分が叱責されてる感覚になってしまうことが、特に共感能力の高い方であればあるほど起こりやすくなります 

この場合は自ら火に飛び込んでいく形になるワケなので、余計に気を付けておかないといけません。

SNS疲れ対策のためのテクニックは3つ

こういった悪癖を身につけないようにしたり、トラブルに巻き込まれないようにするためには、以下のテクニックが役に立つかと思います。

実際自分が実践してることでもあるので、参考にしてもらえたらと思います。

自分にプラスになる対象をフォローする

 常に目にするSNSのタイムライン、ホーム画面は、自分にとって心地いいものにするのがベスト ですね。

尊敬する人、好きなアーティスト、推しのアイドル、有益な情報などがいいですね。

ここで大事なのは、「仲が良いから」「先輩後輩の関係だから」などの社会的な関係とかは無関係だってことです。

あるいはどんなに推しな存在でも、ネガティブな発言が多すぎるとか生理的に受け付けない発現をしまくってるとかだったら、フォローしない選択もあり、ってことです。

ノリでフォローしたり、勢いでフォローしたりだと、どうしても自分にとってプラスになる情報の密度が下がります。

いつも眺めるものだからこそ、良いアカウントを厳選したいですよね。

ちなみに自分は『一度は行ってみたい世界の絶景』っていうTwitterのアカウントをフォローしてて、大自然の風景や、過去の建築の偉業とかを眺めることにしています。

あとは「勝手に応援したい人」をフォローするようにしています。

努力してるなとか、頑張ってるな、って人を見てると自分のモチベーションも自然と上がるんですよね。

自分の好きなものだけ、プラスになるものだけに囲まれて過ごすのって、かなりメンタルの安定化に効きます。

周りを気にしない情報発信をする

これはちょっと慣れが必要ですが、 自分の感じたことをよく発信するような方は、周りの目を気にしない、っていうことをより意識する ことをオススメします。

さっきも書いたんですが、周りの目を気にしまくってしまうと、メンタルがどんどん悪い方向に向いていってしまいます

「見られる意識」を持つことで自分を律することができるなら、多少は必要かもしれませんが、できれば「自分の感情や思考に素直になって」発信した方がメンタル的にはプラスになります

男性の場合、悩みや不安、弱さを文字にしてアウトプットするって苦手な人が多いと思うんですけど、助けを求める・助けてもらうことも時には必要です。

悩み事って聞いてもらえるだけでもかなり楽になるので、まずは自分の感じていること、考えていることに素直に耳を傾けてみることから始めてみましょう。

どうしても、という時はブロック機能を活用する

これ、皆さん意外と手を出さないんですが、 嫌な相手、見たくない対象はブロックする のが一番です。

というか、そもそも近づかないようにするのが一番だと思っています。

常に目にするものであればこそ、ストレスの原因はできるだけ排除すべきです。

ブロックするのが難しい事情とかもあると思うので、ミュートにするとか、非表示にするとか、とにかく自分の目につかないようにSNSの機能を活用して工夫しましょう。

ブロックもミュートもそのために使う機能です。

SNS疲れの原因を増やさないようにするための心構え

『いやいや、リアルな世界でのつながりもあるから、好きなモノだけって難しいよ』
『病みキャラ、陰キャ、メンヘラって思われるの絶対無理』
『ブロックとかしたら、後でどうなるか分からな過ぎて怖い』

みたいな声は絶対あると思います。

非常によく分かるんですけど、 現実世界とSNSって「相手を選べる」ってところが大きく違う んじゃないでしょうか。

「SNSは自分を表現する場」とも言われています。

現実世界でできないことをやれるのがSNSの強みだと思います。

例えば、イラストを趣味で書いていたらバズって仕事になったとか、お菓子の空き箱を使って模型を作ったらバズってテレビに出れたとか、そういう現実世界じゃ起こりえないことがネット上、SNS上では可能になるんです。

匿名性だってうまく使えば、現実世界の誰ともつながらずに趣味の友だちを増やすこともできます。

仮にもし、現実世界の友だちに断りなしにSNSをやっていたり、悩みを吐露したり、ブロックしたりしてたのがバレて、それを強く咎められたとしたら、こう思ってみましょう。

『この人は元々自分と合わない人だったんだ。現実世界でもいつかはそういうことが起こってたのかもしれない』

そういうことだと思います。

 本当に仲が良くて信頼関係がある相手なら、SNS上で何があっても責めたりすることはない はずです。

現実世界でもやもやした人間関係を保ち続けるのか、それともネット上だけでもストレスフリーな楽しい関係を築くのか、どっちが自分自身にとってプラスになるでしょうか?

SNS疲れを避けるには「プラス」で周りを固めること

ということで、 SNSに疲れたときは自分にとってプラスになる選択をしまくって、プラスになるものだけ眺めるようにしてみましょう 、というお話でした。

SNSに疲れたときは自分にとってプラスになる選択をしまくって、プラスになるものだけ眺めるようにしてみましょう

今さら感のある内容でしたが、漫然と使ってる方も多い中、いつの間にか病んじゃうケースっていうのも多々あるんじゃないかと思い、改めて自分がプライベートで実践してることも踏まえてまとめてみました。

一昔前は『インターネットの出会いって怖くない?』みたいな風潮もありましたが、今になってみればこれが逆に当たり前というか、世の中を生き抜くための大前提になってるところもありますよね。

そしてネット、SNSをうまーく使うと人生だって大きく変えられるってことも、かなり実証されてきました。

自分もその一人かなと。Twitterをやってなかったら、今のこの仕事はやってませんでしたし、このHPだってできていませんでした。

もちろん普通にコミュニケーションツールとして使うのも全然ありなんですが、どちらにせよ、自分が好きなことやプラスになる情報をどんどん集めていった方がSNSは楽しく使えるんじゃないでしょうか?

できそうなことからぜひ参考にしてみてください。

 

各種お問い合わせについて

「無料相談」「お問合せ」「お見積り」「ご予約」にはかんたん便利な「LINE」をご利用ください

『脱毛を検討しているけど、何から質問したらいいんだろう?』『実際の料金はいくら位なんだろう?』『お店に電話するのは緊張する…』そんな風に困っていませんか?ぜひ当サロンの「LINE」を活用してください。 LINEのトークでアナタのご用件に店長が1対1で対応させていただきます。『LINEはちょっと…』という方は、WEBフォームから遠慮なくどうぞ。

店舗公式LINE

LINEで友だち追加

関連記事

  1. 【負のループから抜け出す】堂々巡りの問題はこのワンフレーズで万事解決!

    【負のループから抜け出す】堂々巡りの問題はこのワンフレーズで…

  2. 【黒歴史の有効活用】毎日日記を書くとメンタルがタフになる件

    【黒歴史の有効活用】毎日日記を書くとメンタルがタフになる件

  3. 【Pride Weekにつき】LGBT当事者の中でもまだ多様性のキャパ足りないんじゃないか説について意見を述べてみる回

    【Pride Weekにつき】LGBT当事者の中でもまだ多様…

  4. 店長のオススメ~睡眠不足な方向けのサウンド~

    店長のオススメ~睡眠不足な方向けのサウンド~

  5. 【メンヘラだってOK】「男らしい」は捨てて「自分らしい」にフォーカスを当てよう【自己受容に効くテクニック付き】

    【メンヘラだってOK】「男らしい」は捨てて「自分らしさ」にフ…

  6. 【まさかの展開に】「環境」と「付き合う人」を変えた結果、人生が大きく変わった話

    【まさかの展開に】「環境」と「付き合う人」を変えた結果、人生…