【実は身近なことだった】ぶれない男のメンタルを作るたった1つの秘訣がこちら

【実は身近なことだった】ぶれない男のメンタルを作るたった1つの秘訣がこちら

『メンタル面強くしたい!』と思ってる男性いませんか?

今回の話、というかこのたった一つの秘訣、そういう方にきっと役に立ちます。ただしちょっとスピリチュアルなところもあるので、苦手な方はご遠慮ください。

ちなみにこの秘訣、ある意味サンプル数は膨大なので、読んでもらえたら理屈は分かってはもらえるんじゃないかと思ってます。

メンタルタフネスの大原則

結論から言っちゃいます。

 良いことと悪いことは必ず交互に来る、と頭に叩き込む 

 
これです。

『え、そんなんでいいの?』って思う方もいると思うんですけど、いいんです。大丈夫、安心してください。

理屈というか、ちょっとスピリチュアルな話にもなってくるんで、苦手な人はブラウザバックしてもらって全然構わないんですけど、これ、自然界の大原則なんです。

超分かりやすい例えは天気です。「止まない雨はない」ってヤツですね。あとは「雨乞いを百発百中でやってのける部族がいる」とか。

気候帯にもよりますけど、雨は降ったら絶対止むし、晴れててもいつか雨は降ります。雨乞い百発百中なのは、雨が降るまで雨乞いを止めないからで、やり続けてたら絶対いつか雨が降るって分かってるから、なんですね。

これと全く同じで、良いことと悪いことは必ず交互に起こります

良いこと悪いこと、という対比じゃなかったら、例えばプラスとマイナスとか、陰と陽とか、光と影とか、そういう組み合わせですね。

こういう対比って世の中にたくさんあります。なので、人それぞれの身の周りで起こることも、良いことと悪いことが順番に起こるっていうのは、まぁそりゃそうだよな、って納得してもらえるんじゃないかなと。

せっかくなので、良いこと悪いこと対比ってこんなのがあるよ、っていうのを表にしてみます。

良いこと・プラス・陽なこと

晴れる
食べる
出逢う
生まれる
毛が生える

悪いこと・マイナス・陰なこと

雨が降る
排泄する
別れる
死ぬ
毛が抜ける

こんな感じです。

これって地球規模で、しかも太古の昔からずーっと綿々と続けて起こってることなんで、サンプル数は相当に膨大だし、かなり信憑性のある原理だと言えます。

で、これがメンタルを安定させるためには必要だってことです。

良いことと悪いことが交互に起こるなら、そう意識して身構えておけばある程度対処が可能になる、ってワケですね。

メンタルがぐらぐらしがちな人って、目の前で起こること一つ一つに揺さぶられてるからなんですよね。他にもぐらつく原因って、食べてるものとか睡眠の質とかもメンタルの安定・不安定もあるんですが、この一喜一憂は結構大きな要因です。

メンタルを安定させるためには良い悪いどっちも意識すること

こういう風に「対になること」がいろんな場面で起こっています。

なので「良いことと悪いことは交互に起こる」って認識を持つことも、メンタルがアップダウンするときに備えるためには非常に有効です。

ここで大事なのは、こういう対比のどっちかだけが大事なんじゃなく どっちもないとダメ ってことですね。

雨は降り続いたら洪水が起こるし、降らなさ過ぎても干ばつが起こる。食べまくってて出せてなかったら消化不良にも病気にもなる。出会ってばっかりだと身の周りに人のしがらみが多すぎて困るし、かといって別ればかりでは孤独になる。人がたくさん生まれ続けても死に続けても社会には影響が出る。毛だって増え過ぎても抜け過ぎても困る。

良いことばっか起きるのはとっても理想ですが、悪いことばっか立て続けに起こっても困ります。

『いやいや、悪いことしか起きてないですよ』と疑ってる人は、ぜひ一度自分の胸に手を当てて思い出してみてください。もし今あなたが人生どん底だったとして、楽しかったとか嬉しかったとか、そういう経験って一度もなかったでしょうか?

もし今人生どん底だって感じてる人は、そのうち何かいいことがあるかもしれない、ってちょっとでも考えておくと良いと思います。

極端に偏った意識がメンタルをぐらつかせる

あんまりぼやっとした話になるとアレなので、別視点でも話してみます。

科学的に、思考の中でずっと意識していることに対して感覚は過敏になる、と言われています。「病は気から」とか「プラシーボ効果」みたいなものですね。あるいは人によっては「引き寄せの法則」なんて言ったりもします。

よくある例えは、

『◯◯って車が欲しい!』と思い始めたら、その車種ばっかりが目に付く

赤ちゃんを授かったら、街を歩く度に妊婦さんやベビーカーを押してるお母さんにばかり会う

みたいなヤツです。

これと全く同じで、ネガティブ思考になると身の周りのネガティブなことにばかり目が行ってしまう、というワケですね。

ホントは目の前で良いことが起こってるんだけど、意識がネガティブに極端に偏ってしまってるせいで気が付けない、と。だから、悪いことがあっても、次は良いこと起こるんじゃないかなって意識しとくことが、良いことに目を向けて上り調子になるために必要なんです。

良いことと悪いことの繰り返しは、間隔が短いこともあるし、長いこともあります。間隔が長いほど振れ幅は大きくてその分ダメージとか感動とかは大きく、短いほどそれらは小さくなります。そういういろんな振れ幅ではあるけれど、どっちにも行ったり来たりを繰り返すのです。

この辺りも世の中では似たようなことが起きてて、分かりやすいのはファッションですね。

服のデザインって、10何年かで何となくぐるっと一周しますよね。ちょっと前に流行ったプレッピーとかトラッドとかはまさにそれです。プレッピー、トラッドって1950年代にも一回ドカン!と当たってたって知ってましたか?

まゆ毛の話もそうで、20年くらい前に思いっきり細いのが流行った一方で、今は真逆でぶっといのが流行っています。

そうやって何かにつけて、対極にあるものって行ったり来たりを繰り返します。ということは、やっぱり「良いことと悪いことは交互に起こる」ってことが言えるということです。

この「良いこと悪いこと」の対比、さっきもお伝えしましたが、片一方だけに思いっきり偏るのは良くありません。どっちにも移り変わる、とか、真ん中でバランスを保てるようにするってことが大事になります。中庸って考え方ですね。

だから、

メンタルのバランスって『良いことが起こっても悪いことが起こってもいいんだ』『どっちに振れても真ん中に戻ってくればいいんだ』と意識することで保たれるんです。

このメンタルのバランスが悪かったり、振れ幅がデカすぎたりすると、鬱病を発症したりしてしまうワケですね。

意識し続けることがメンタルの安定に

振れ幅がデカすぎるとその分メンタルもキツくなります。

目の前で起こることはどうしてもコントロールしにくいんですが、少なくとも心構えをしておけば、最小限の振れ幅で納めることができるようになります。

最初っからこれを完璧に意識して、目の前で起こることをコントロールするってなかなか難しいと思うので、まずは意識するってことだけに集中してみるのがオススメです。

『物事って良いことも悪いこともどっちも起きるよ!メンタルだってその分アップダウンするよ!だから、どっちに振れても「何が原因だったんだろう?」って考えて、どうやったら良いことがより良くなって、悪いことがさらに悪化しないか、その方法も考えてみよう!』

って姿勢が大事になります。

これが意識に定着したら、

『あ、今良いことたくさん起きるタイミングだかこの後悪いことが起こるかもだな、ちょっと気を引き締めよ』
『最近悪いことばっか続くわー、あーでも、ってことはこの後良いこと起こるんかな?それならちょっとは気が楽だな』

って考えられるようになるので、メンタルの振れ幅はかなーーーり小さくなります。

ぜひお試しあれ。

 

各種お問い合わせについて

「無料相談」「お問合せ」「お見積り」「ご予約」にはかんたん便利な「LINE」をご利用ください

『脱毛を検討しているけど、何から質問したらいいんだろう?』『実際の料金はいくら位なんだろう?』『お店に電話するのは緊張する…』そんな風に困っていませんか?ぜひ当サロンの「LINE」を活用してください。 LINEのトークでアナタのご用件に店長が1対1で対応させていただきます。『LINEはちょっと…』という方は、WEBフォームから遠慮なくどうぞ。

店舗公式LINE

LINEで友だち追加

関連記事

  1. アンチエイジング、たった1つの秘訣を公開します

    アンチエイジング、たった1つの秘訣を公開します

  2. 人生、頑張らなくてもいい方法ってあるんです

    人生、頑張らなくてもいい方法ってあるんです

  3. 働くオトコに捧ぐ!カンタン&最強のストレス解消法!

    【いつでもどこでも】働くオトコに捧ぐ!カンタン&最強のストレ…

  4. 【毎日の生活にIN!】メンタルを鍛えるための3大テーマがこちら【豆腐メンタル男子必見】

    【毎日の生活にIN!】メンタルを鍛えるための3大テーマがこち…

  5. 【自分探しをする男性へ】人生の答え合わせは要らないけど、ちょっと心の拠り所は必要だよねって話

    【自分探しをする男性へ】人生の答え合わせは要らないけど、ちょ…

  6. 【恵方巻き問題】「自分らしさ」を見失いがちな現代社会でいつも思うこと・いつも心に留めておくべきこと

    【恵方巻き問題】「自分らしさ」を見失いがちな現代社会でいつも…