【20代前半向け】「経験」と「感覚」をひたすら身につけるべき理由【脱・負け組】

【20代前半向け】「経験」と「感覚」をひたすら身につけるべき理由【脱・負け組】

『なんかどっかで一発当てたいなぁ』と考えてる男性、特に20代前半の大卒前後くらいの方に、今回のブログはお届けできたらなと。

男性ってとかく競争の中に身を置かざるを得ないことが多くて、でもそれが今の時代には合致してない点も最近はかなり露呈してきてて、生きるのが大変だと感じる人も増えてしまいました。

それでも『好きなことで生きていく』って言葉も出てきたり、月収が7桁、8桁になる若い人も増えてきているのも事実です。

そういう成功している人たちって何が突出してるのか、どうやったらそういう人たちの仲間入りができるのか、について自分なりの見解をお伝えしていきたいと思います。

稼いできた男たちの共通点

『そんなんじゃ一人前の男になれんぞ』『根性ねぇなぁ』『怠けてる暇あったらもっと頑張れよ』みたいな言葉、上司の方からよく飛んできたりしませんか?

厳しいなぁと感じる方ものすごく多いんじゃないかと思うんですけど、こういった声が上がる世代の方は、この言葉を地で行ってたからこそ『こうあるべき!』と痛感していて、それが叱咤激励になって口を突いて出てくるんですよね。

『男たるものかくあるべき』とか『男は稼いで当たり前』とか『車を買う・家を買うのが一人前の男』とか『ナニクソ根性で自分の実力を証明する』とか、そういう不文律が当然の中で仕事をして生き抜いてきた方たちに共通するのは、努力であり粘り強さであり、したたかさです。

やればやっただけ正当な評価も成果も出た時代背景があったのも、こういう考えが定着する要因でした。

歴史的に見ても名立たる企業家の方たちには、この努力・粘り強さ・したたかさっていうのは共通して挙げられることですね。

なので、こういう能力を身につけておくことは、何かで成功したり、抜きんでた成果を出すためには必要な要素になるのは間違いありません。

世代が違えば男性の感覚も変わる

とは言え。

さっき挙げた努力・粘り強さ・したたかさって、言い換えると「根性で頑張らないと結果は出ない」ってことにもなるワケですよね。

根性で頑張っていく過程には、もちろん失敗だってあるし、格好悪い結果になることだってあるし、自分の自信とかプライドとかが思いっきり傷つくリスクだって当然あって、スマートに成功できるなんて保障はどこにもありません、ゼロです。

となると、今の20代前半くらいの方の目にはかなりハードルの高いことに映る場合が多くなりそうです。

そういう努力で成功を勝ち得てきた世代の方と比べると、今の20代前半くらいの方には、何でも便利でサクサク達成可能な環境が子どもの頃からすでに用意されていました

インターネットの環境もそうだし、スマホの普及もそうです。特別苦労せずとも、得たいものはすっと手に入るようになっていました。

だから例えば、英単語を紙の辞書を引いては訳を探して教科書まるごと訳すとか、いろんなアパレルショップに入っていろんなスタッフの方と話をしながら自分なりのコーディネートを見つけるとか、そういう時間や手間がかかることはできるだけ避けたいと思う方が多いでしょう。

チャレンジして失敗するのがカッコ悪い、それで傷つきたくない、という理由でできるだけ安定の道をチョイスしようとする方も多いんじゃないでしょうか。

『今の就活は「やりたいこと」より「安定」』という調査結果があることからも、そういう意識の方が多いことが伺えます。

就活は「やりたいこと」より「安定」。2020年卒の意識調査で明らかに – HUFFPOSTより
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5ce10e4de4b00e035b91af5a?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

 
ちなみにここではこういう意識が良いとか悪いとかを議論しません。そういう傾向がある方たちがどうやったら今の社会で成功を収められるかをお話しするために抑えておくべきポイントとしてお伝えしています。

自分自身失敗するのは怖いですし、宣言したことができなかったらカッコ悪いって思うし、下手な努力とかもできるだけしたくないと思ってます苦笑

じゃあ努力や粘り強さ以外に、今の若い世代の男性が成果を上げるために必要なことって何なのかについて詳しくお話ししていきます。

若いからこそ持ち合わせている素晴らしい感覚を活かそう

自分は仕事上幅広い世代の男性と接する機会が多いです。プライベートでも自分より断然若い友だちが多いので、同世代の一般企業に勤めている男性と比べたら、今の若い世代の方たちにより多く接して、その感覚に直に触れられているんじゃないかなと思ってます。

そういう環境で感じているのは、今の若い世代の人たちって感覚が良いというか鋭いなってことです。

自分が同じくらいの年齢の頃には考えつかなかったようなことを普通に考えてたりしていて、話をすると毎回興味深いことが聞けます。

その一方で、さっきも挙げたようにチャレンジする環境がなかなか無かったりで、そういう感覚を活かせる場も少ないんじゃないかなと感じています。

もっといろんなことにチャレンジしたら、持ってる才能とか感覚とかを活かして自分自身にプラスになることがたくさんできるんじゃないかと。もっと言うと、就職しなくても自分で仕事をして食べていくことだって普通にできるんじゃないかとも思ったりします。

そう思う理由には感覚が良い人が多いから、というのもありますが、今の時代お金を稼ぐというだけで見れば方法はものすごくたくさんあるから、というのもあります。Youtubeをはじめ、インターネットをうまく活用できれば一般企業に勤める同じ世代の倍は楽勝で稼げる環境ができ上っているからです。

そこで自分からの提案は、 とにかく「経験」を積み上げまくること と、 「感覚」を磨きまくること 、この2つです。

どっちかがあれば成功に近づけますが、今の若い世代の方なら一度に両方身につけることはそこまで難しくないんじゃないかなと。

経験は多ければ多いほど何かを成功させるために有利に働きます。

『こうやったらうまく行く』っていう経験は、あればあるほど自分の自信になります。逆の失敗した経験も、成長の一過程と捉えられたらプラスに変えることができます。むしろ失敗がないと何かトラブルが起こった時に対応できないし、逃げたくなるし、先に進めなくなります。失敗した経験で一歩前に出る勇気が身に付くし、こうやったら失敗するという原因のストックもできます。

仕事の面だけじゃなく、プライベートでも人間関係で失敗することってあって、その経験があればあるほど他人に寛容になれるし、自分と相性のいい人が分かってくるし、より居心地のいい人間関係を形作ることに役立ちます。

そしてそういう経験をどんどん積むことで、感覚や直観もより研ぎ澄まされていくようになります。

感覚って言う言葉は曖昧かもしれないですが、発想力とか行動開始までの速さとか、そういうものと捉えてもらえたらOKです。

で、 この感覚や直観、大人になる頃までにかなり鈍ってしまっている方がものすごく多い です。

学校などでの集団生活においてできるだけ「個」を出さず「和」を乱さないよう生活させられてきてしまったからです。

また、『仲間外れにならないように』『あまり目立たないように』のような心理や、インターネットの発達のお陰で苦労せずいろんなモノが手に入るようになった弊害で、「自分で物事を考えて試行錯誤する」機会が昔に比べて減ったことも原因です。

逆に言ったらこの感覚を元通りに取り戻すことができるようになれば、差別化もできブランディングもできるので、突出した成果を上げやすくなる、ってことですね。

『こういう時はこうやったらうまくいく』『あぁなったらうまくいかないかも』といった感覚・直観は、いろいろ経験を積むことで精度を増します。そしてこれらを鍛えることは多方面でプラスを生みます。

自分自身の感覚にきちんと耳を傾けることができ、従うことができれば、心と身体のずれが少なくなるので、メンタルも安定します。分かりやすい例えは仕事ですね。嫌でダルダルでブラックな仕事に毎日通うのって、完全に心と身体にずれが生じてますよね。悪化すると鬱病にだってなり得ます。趣味などの好きなことを好きなだけやってる瞬間、何も考えずに没頭できるのは、心と身体が一致してるからこその状態です。こういう心と体の感覚を一つにするって、実は結構大切なことなんです。

人間関係にもこの感覚はちゃんと使えます。人って本来相手をパッと見の印象で判断できる直観が備わっているんです。スナップジャッジメントっていう能力なんですが、感覚が研ぎ澄まされればその分だけより正確な判断ができるようになります。自分と相性がよさそうかとか、逆にこういう雰囲気の人とは合わなそうだなとか、より円滑で良い人間関係を作りあげるためにもこの手の感覚や直観は必要なものになります。

他にも、何か成功するためのチャンスって、それを見つけた時如何に素早く手にできるかってことがとにかく大事です。その一瞬の判断が的確にできるようになるのも、この「感覚」を日々研ぎ澄ませているかどうかにかかっています

そして、 この「経験」と「感覚」は、今の時代の方が確実に短時間で圧倒的な量を積み上げ磨き上げることができる んです。2~30年前には絶対にあり得なかったインターネットの環境や、より細分化された人の需要があらゆるチャンスを生み出しているからです。

努力でしか成果が得られなかった時代では考えられないような圧倒的で濃密な成果を、ごくごく若い頃から手に入れることができるのが、今の20代前半の方たちの特権だと思います。

努力でしか成果が得られなかった時代では考えられないような圧倒的で濃密な成果を、ごくごく若い頃から手に入れることができるのが、今の20代前半の方たちの特権だと思います。

 
ちなみに、若くして「経験」と「感覚」で成功した方の一人ということで紹介するとしたら、「すしらーめんりく君」でしょうか。

いやぁ、彼の動画の中でのチャレンジ精神はヤバいですね。あの発想力と実行力、なんなんでしょうか?いや褒めてるんですけどね。

自分で考えて自分で作って自分で体験して、っていう「経験」と「感覚」の素晴らしい活用の仕方、真似するのは難しいかもしれませんが、『あれくらいやっても全然人っていけるんやな』っていう参考にもなるし、勇気づけられもしますよね。

経験だけあっても感覚がないとうまくいかない実例

一応自分の話もしておきます。

自分の場合、とりあえずのチャレンジ精神はあったので、好きなことは何でもできるだけ手を付けておこうっていうスタンスで学生の頃からやってきました。

お陰で経験値だけはそこそこあり、それが今の脱毛サロンの仕事にほぼ100%活きています。少なくとも「見られる意識」はひたすらに積み上げてきたので、今のこの見た目をキープできてるんじゃないかなと。

いろんな仕事をやってきて、その時は「やんなきゃよかったなー」って後悔した仕事もあったけど、今振り返ってみれば全部が全部経験になっていて、自信にもつながっているので、やって良かったと思ってます。

人間関係でもいろんな経験をしてたくさん心が折れましたが、お陰でいろんな方と普通にお話できるようになれましたし、何か相談事があってもちゃんと対応できるようになれました。

その一方で「感覚」だけはずっと停滞、というか「自分には感覚なんて必要ない、頭脳で勝負だ!」と考えていたので全く意識して磨いてきませんでした。が、うまくいかないことが重なって、どうやったらいいのかいろいろ考えても解決策が思いつかず病んだ時期がありました。

結果、もうめんどくさくなって考えることを全部放棄したら、あら大変、物事がものすごく簡単に見えるようになりました笑。感覚に従うだけで思った通りの結果がサクサク手に入るようにもなり、迷っても時間をかけずに行動に移せるようにもなり、そもそもの悩むこと自体もかなり減らすことができました

今はできるだけ考えこまずに感覚に頼って、ふっと思い浮かんだアイディアを大事にするように心がけています。ブログのテーマとかもふっと思い浮かんだものが多かったりします。

で、気づいたんです、「自分って結構感覚派なんだ」って。

頭で考えて行動するのと、感覚に頼って従って行動するのとでは明らかに後者の方が楽に成果が出せます。

以前いろんな研修を受けていた時に『お前の素直さがなければこの先うまくいかない』みたいな指摘をされたことがあったんですが、これはつまり『頭で考えすぎるなよ、もっと自分の感覚に素直になれよ』ってことだったんだろうなと今になって分かりました。

とにかく経験し、とにかく感じろ!

ということで、これからの時代平々凡々に埋もれることなく、抜きんでた成果を上げたいとちょっとでも考えてるなら、失敗も
成功も含めたくさん「経験」を積んで、自分の「感覚」をひたすら研ぎ澄ませてチャンスをしっかり掴めるようになりましょう、というお話でした。

若くて優れた才能を持った若い人たちが埋もれず、少しでもそれを活かして社会で活躍できるような参考になればと思います。

「頑張らなくても成功できるようになるブログ」っていうのも以前書いたので、併せて参考にしてみてください。

 

各種お問い合わせについて

「無料相談」「お問合せ」「お見積り」「ご予約」にはかんたん便利な「LINE」をご利用ください

『脱毛を検討しているけど、何から質問したらいいんだろう?』『実際の料金はいくら位なんだろう?』『お店に電話するのは緊張する…』そんな風に困っていませんか?ぜひ当サロンの「LINE」を活用してください。 LINEのトークでアナタのご用件に店長が1対1で対応させていただきます。『LINEはちょっと…』という方は、WEBフォームから遠慮なくどうぞ。

店舗公式LINE

LINEで友だち追加

関連記事

  1. 【Pride Weekにつき】LGBTの皆さんを応援する理由を改めて語ってみた

    【Pride Weekにつき】LGBTの皆さんを応援する理由…

  2. 夢を持つことって大事なこと

  3. “自分らしさ”とは?

    “自分らしい”とは?

  4. 自分らしさとは自分自身を満たすこと

    【シャンパンタワーの法則】自分らしさとは自分自身を満たすこと…

  5. 【◯◯を理由に夢を諦めてはいけない】現実世界に飲み込まれずリア充になるための男のオンリーワンの心理テクニック

    【◯◯を理由に夢を諦めてはいけない】現実世界に飲み込まれずリ…

  6. 【毎日の生活にIN!】メンタルを鍛えるための3大テーマがこちら【豆腐メンタル男子必見】

    【毎日の生活にIN!】メンタルを鍛えるための3大テーマがこち…