【◯◯を理由に夢を諦めてはいけない】現実世界に飲み込まれずリア充になるための男のオンリーワンの心理テクニック

【◯◯を理由に夢を諦めてはいけない】現実世界に飲み込まれずリア充になるための男のオンリーワンの心理テクニック

最終更新日

『夢を諦めてはいけない!』とは根性論ではよく耳にする言葉です。とは言え、現実世界で生きていると、なかなか夢を追うことって難しいですよね。

ちなみに以前、「夢を持つこと」についてブログを書いたことがありました。

 
今回そんな「夢」についてのステキな記事をたまたま見つけたので、紹介がてら、自分らしいライフスタイルを送るために「現実世界に囚われてたら勿体ないですよ」って話をしていきたいと思います。

『夢を諦めてはいけない』と訴える広告たち

紹介したい記事はこちら。

「#夢を諦めてはいけない」CAMPFIREの広告が山手線車両や霞ケ関をジャック – CINRA.NET
https://www.cinra.net/news/20190510-campfire

2019年5月10日から、東京は山手線や霞が関を「#夢を諦めてはいけない」という広告がジャックしており、その広告のコピーが非常に心に刺さるという内容です。

『多数決を理由に夢を諦めてはいけない』
『ES落ちを理由に夢を諦めてはいけない』
『好きになった人の性別を理由に夢を諦めてはいけない』

いいですね、こういうホントは自分でも分かってるけど、口に出すのはちょっと怖いなっていう言葉が目に見える形になってるって。

夢を諦めないための対策

「できない理由を探す」ってブログも書いたことがあるんですけど、人って何かにチャレンジしようとした時、だいたいが自分でブレーキをかけるような思考回路が働いてしまうんですよね。

理科の用語で「恒常性」っていうのがあります。何か身体に異常があったら元通りに戻そうとする働きのことです。傷が治ったり、血糖値が上下したり、熱を出して菌を排出しようとしたり、ってヤツですね。

で、この恒常性っていうのはメンタルにも同じように作用します。夜寝る前に思いっきりやる気になったのに、朝起きたらやっぱめんどくさ、ってなったりするアレです。

新しいことチャレンジしたり、まだ形になるかどうか分からない夢を追いかけるっていうのは、今までやったことがない未知のことで、100%実現するかどうか保証はないので、脳みそ的には「危険だぞ!」って判断になります。そうなると恒常性を働かせて「できない理由」を探して、諦めるような思考回路を巡らせる、ってことですね。

『じゃあいつまで経っても夢って実現できねーじゃねーか』って話になってきちゃうんですが、ここで一歩踏み出せた場合は思考回路がちょっと変わっていきます。

一歩踏み出せる場合って、「どうやったらうまくいくか」って思考回路が働く or すでに働いてることが多いので、その物事を進めながら常に立案・修正・分析をすることになります。

なので一歩踏み出せたらそのまま波に乗れることだって十分あり得るワケです。

でもその手前で諦めてたら、何の変化も起きないままで終わってしまいます。

そして人って、「これはしたい!」と思った自分の希望を諦めてしまったことを、「これをやらねば!」と思った義務的なことを諦めるよりも強く後悔する性質っていうのも併せ持っています。

だから、どうせだったら、やらない理由ばっか探して諦めて将来的に後悔するよりは、一歩踏み出して試行錯誤しながら夢を追いかけてった方がいわゆるリア充になれますよね、って言えるんじゃないかと思うんです。

夢を追いかけたり、目標を達成しようって考えて、「なりたい自分」になるために自分の性格とかクセとか嫌なところとかを直す時って、こういう心理的な仕組みについてある程度知っておくっていうのがすごく有効なんですよね。

一瞬でもいいから客観的に自分が見れるようになるからです。

例えば夢を追いかけてる途中で諦めそうになった時は、さっきお話したことを思い出す、という感じで、『あ、これ恒常性か?今自分元の状態に引き戻されてるのか?』みたいなですね。

知識マニアになっちゃっても役立たずで良くありませんが、知っておくことで自分の役に立つことって意外とたくさんあります。

脱毛するという夢も諦めてはいけない

脱毛の話もしておきましょう。

男性の脱毛って認知度は高まってはきましたが、残念ながらまだ気軽にできるほど世間のハードルは低くはありません。

それは、

・男性の脱毛の正しい知識、情報が不足してる
・「男が脱毛する」という行為自体にまだ羞恥心、偏見がある

みたいなことが主な原因なんじゃないかと。

なので、いざ始めよう!と思っても未知への挑戦ってことで、脳みそ的には危機を感じてしまうことが多々あるワケですね。

そしてそれが、

『お金が無いから脱毛できない』
『時間がないから脱毛行けない』

みたいなできない理由探しになって、一歩踏み出せなくなってしまう、と。

でも実際ウチのサロンに通ってるお客様を見ると、学生さんが1か所の脱毛のために毎月コツコツ通ってたりしますし、直前にならないと予定が立てれない忙しい方でも定期的に通って効果を実感されてたりします

できない理由は、できるに変わることはいくらでもあるんです。

で、そこには共通して『ムダ毛を無くしたい!』という確固とした想いがある、と。

今回紹介した広告風に言うと、 「学業や仕事を理由に脱毛を諦めてはいけない」 ってことですね。

どうしても『迷うなーーーーー』って方は、ぜひウチのサロンのお客様の声を参考にしてみてください。

 

各種お問い合わせについて

「無料カウンセリング」「お問い合わせ」「料金のお見積り」「ご予約」にはかんたん便利な「LINE」をご利用ください

『脱毛を検討しているけど、何から質問したらいいんだろう?』『実際の料金はいくら位なんだろう?』『お店に電話するのは緊張する…』そんな風に困っていませんか?ぜひ当サロンの「LINE」を活用してください。 LINEのトークでアナタのご用件に店長が1対1で対応させていただきます。『LINEはちょっと…』という方は、WEBフォームから遠慮なくどうぞ。

サロン公式LINE

LINEで友だち追加

関連記事

  1. 【気になってるでしょ?】男がVIO脱毛を始めるなら、この10のブログで全てが分かる!

    【気になってるでしょ?】男がVIO脱毛を始めるなら、この10…

  2. 【お悩み別】『脱毛したい!けど…』と悩む全ての男性の背中を押す5つのアドバイス

    【お悩み別】『脱毛したい!けど…』と悩む全ての男性の背中を押…

  3. 【メンタルに効く】先延ばしするクセを直して自分にやさしくなる方法を伝授します

    【メンタルにも効く】先延ばしするクセを直して自分にやさしくな…

  4. 【インタビュー④】メンズ脱毛してる人にいろいろ聞いてみた!

  5. ◯◯主義はメンヘラの素?!

  6. 【20サロンの料金比較】2019年、男の「足」の脱毛が流行の兆し?!

    【20店舗の料金比較】2019年、男の「足の脱毛」が流行の兆…