【ミニマリストにも】めんどくさがり屋にこそ脱毛をオススメしたい2つの理由

【ミニマリストにも】めんどくさがり屋にこそ脱毛をオススメしたい2つの理由

最終更新日

『毎日のヒゲ剃りめんどくさい』『ムダ毛処理いちいちしなきゃいけないのツラい』

そんな男性いませんか?

今回はそんな生粋の「めんどくさがり屋」の方に向けての内容です。

脱毛することで、ムダ毛にまつる様々な手間暇から解放される事実をぜひ知って欲しいなと。

身の周りのあらゆる面倒から解放されたいという方は、ぜひ最後までお付き合いを。

めんどくさがり屋に脱毛が欠かせない理由とは?

とにかく面倒くさがりで日常の手間暇をできるだけ排除したいという方に脱毛をオススメするのには、2つ理由があります。

以下で詳しく解説していきますね。

なおここでは「ヒゲ含めたムダ毛をそのまま放置する」という選択肢は考えないものとします。

理由1. ムダ毛処理のアイテムを買い足す手間暇をなくせるから

男性の場合、大人になったらほとんどの方がヒゲ剃りが日々のルーティーンになります

早い方だと中学の頃から定期的に剃り始めることがあるようです。

ヒゲを生やす、生やさない、どちらにせろ何かしらの手間暇がそこに必要になります。

そして、ヒゲを剃るためのカミソリ、シェービング剤、保湿アイテムは定期的に買い足さないといけません

ヒゲ剃りに必要なものを常に買い足していくとその分出費が増えるので、これもできるだけ避けたいところですよね。

脱毛することでヒゲ剃りの習慣はゼロにでき、その分カミソリもシェービング剤も買わなくて済みます

仮にウチのサロンで用意しているT字カミソリ、シェービングジェルを一生涯使い続けると仮定すると、こう概算できます。

※ここでは以下の商品のAmazonでの実売価格を参考にしています。送料や各種手数料は含めません。
「シック ハイドロ5 プレミアム 替刃(4コ入)」「ハイシェーブモイストジェル 230g」
シェービングアイテム
 
替刃は2週間に一度交換シェービングジェルは1か月に一度買い足し、を想定しました。
 
 
・替刃刃4コ入 1,780円×6回購入=10,680円
・シェービングジェル 285円×12か月=3,420円
――――――――――
合計 14,100円
 
20歳から60歳まで使ったと仮定すると、40年分で564,000円になります。

 
通常40年も同じ商品が市場に残ることは稀ですし、技術革新でカミソリやシェービング剤が淘汰される可能性もゼロではありませんが、あくまで「仮定」の話ということで考えてください。

その上で、シェービングの際はここに保湿用のスキンケアアイテム代が加わり、そのための時間や購入のための手間暇も加わることになります。

そう仮定すると、かなりのお金と時間の出費が予想できますよね。

これはめんどくさがり屋だけではなく、全ての男性にとっても憂慮すべきことではないでしょうか?

 脱毛で毛が生えてこなくなったら、これが全てゼロになります 

完ぺきに、120%ゼロにできるかと言ったら、脱毛の効果の出方に個人差があるため保証はできませんが、ほぼほぼゼロにはできます。

『脱毛代はかかるでしょ』と思う方もいるでしょうが、脱毛代は脱毛がきちんと終わったらゼロになります。

そして脱毛がきちんと終わった後、ヒゲ剃りに必要だった物も時間も手間暇も全てが限りなくゼロになるワケです。

もちろんヒゲ以外に、例えば股間の陰毛やギャランドゥ、胸の毛など、ムダ毛を処理する場合にも、これと同じことが言えます。

理由2. スキンケアアイテムも最小限でOKになるから

ヒゲ剃り、ムダ毛処理の後のスキンケアは男女にかかわらず肌荒れ対策のためには必要なことです。

男性で肌に自信のない方の場合は、ヒゲ剃りの後に敏感肌用、乾燥肌用、あるいはカミソリ負け専用の化粧品が必要になることも。

ヒゲを剃る分だけそのスキンケアアイテムが必要になるので、めんどくさがり屋にとっては大きな問題です。

脱毛して肌荒れの原因がなくなってしまえば、余計なスキンケア用のアイテムは買わなくてよくなります。

脱毛で余計なスキンケアの原因もなくしてしまうのはいかがでしょうか?

めんどくさがり屋向けの脱毛プランを勝手に提案

ということで、日常から余計な物も手間暇も取り除いていこうと思ったら、脱毛はかなりマストなことになるということがお分かりいただけたでしょうか?

脱毛の必要性を実感していただけたたら、今度はできるだけ手間暇のかからない脱毛プランを確認してみてください。

どんな方式がベスト?

余計に手間暇もかけたくない方にオススメな脱毛方式はレーザー脱毛です。

基本的にはどんな脱毛方式でも一度の施術ではハッキリとした効果を実感しにくいのですが、レーザー脱毛ならある程度目で見て分かる効果が期待できます。※もちろん個人差はあります。

仮に肌が弱かったとしても、医師免許を持ったスタッフが常駐しているので適切な対応をしてくれます。

また、痛みに不安がある場合も、麻酔を利用できるところもあるため安心です。

他の脱毛方式に比べて費用が割高なところが難点ではありますが、予算に余裕があるならレーザー脱毛一択です。

予算はないが時間は十分あるなら方なら光脱毛でコツコツやっていくのもいいでしょう。

とにかく結果重視(=毛が生えてこない状態になりたい)ならニードル脱毛が間違いありません。

どこを脱毛すればいい?

ここからは、めんどくさがりな方が脱毛すべき部位についてお伝えします。

まずはやはりヒゲですね。

とにかく処理が面倒で、年齢とともに濃くなるヒゲの脱毛は必須です。

先ほど解説したようにヒゲ剃りにかかる費用は、一生涯分の仮定で考えてもかなりの額になります。

加えてその分の手間、肌荒れ対策も必要ですし、剃り跡の青みなど見た目を気にするネガティブなクセもつきまといます。

ヒゲを脱毛してなくしてしまえば、これら余計な手間暇はゼロです。

ヒゲ以外でももみあげうなじ、可能ならまゆ毛周辺も脱毛して整えてしまうのがベストですね。

続いてオススメなのが股間や脇、乳輪周辺など陰毛の脱毛です。

特に股間の陰毛の脱毛は、以下のようにいろんなメリットがあり、その分いろんな手間暇を削減することができます。

・排泄時拭くなどの手間が限りなく少なくなる
・排泄物が付着することで発生するニオイのケアをいちいちしなくて済む
・ちぢれ毛の落下防止ができ、部屋の掃除の手間が省ける
・オナニーやセックスの時に毛をいちいちかき分けなくて済む
・ローライズなどの下着を穿く際、いちいち毛のはみだしを気にしなくて済む

 
股間以外にも、洋服の汗の汚れ対策に脇の脱毛もオススメできます。

ミニマリストも脱毛を!

ヒゲを剃る男性

ということで、ヒゲや股間の陰毛などムダ毛処理は意外と手間暇がかかるので、めんどくさがりな方はとっとと脱毛して余計なことで悩まないようになりましょう!というお話でした。

ここまで見てきたように、限りなく労力を少なくしていこう、面倒なことをしないようにしようと思ったら、脱毛という手段は非常に有効に働きます。

ある意味ミニマリスト的な生き方のためにも脱毛は必要なんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか?

実際『脱毛で楽になった!』という声は多く上がっています。

 
一生涯面倒なヒゲ剃り、ムダ毛処理に手間暇をかけたいですか?

それとも脱毛を終わらせて面倒ごとと一生涯お別れしたいですか?

ぜひ一度考えてみてください。

 

各種お問い合わせについて

「無料カウンセリング」「お問い合わせ」「料金のお見積り」「ご予約」にはかんたん便利な「LINE」をご利用ください

『脱毛を検討しているけど、何から質問したらいいんだろう?』『実際の料金はいくら位なんだろう?』『お店に電話するのは緊張する…』そんな風に困っていませんか?ぜひ当サロンの「LINE」を活用してください。 LINEのトークでアナタのご用件に店長が1対1で対応させていただきます。『LINEはちょっと…』という方は、WEBフォームから遠慮なくどうぞ。

サロン公式LINE

LINEで友だち追加

関連記事

  1. 【ハイジニーナがトレンド?】男性のVライン脱毛、最新事情を最前線からお伝えします

    【ハイジニーナがトレンド?】男性のVライン脱毛、最新事情を最…

  2. 2019年上半期のメンズ脱毛データを公開します

    2019年上半期のメンズ脱毛データを公開します

  3. 【初心者向け】メンズ脱毛、スタートする時何から聞けばいいのか問題を解決しよう!

    【初心者向け】メンズ脱毛、スタートする時何から聞けばいいのか…

  4. 【インタビュー①】メンズ脱毛してる人にいろいろ聞いてみた!

    【インタビュー①】メンズ脱毛してる人にいろいろ聞いてみた!

  5. 【福岡エリアの陰部の料金で見る】メンズ脱毛、今以上の値下げは必要かどうか問題

    【福岡エリアの陰部の料金で見る】メンズ脱毛、今以上の値下げは…

  6. 【情弱にならない】脱毛サロンの店長が「男の脱毛クリーム」への注意喚起をするブログ

    【情弱にならない】脱毛サロンの店長が「男の脱毛クリーム」への…